レスポンス(4-1)本

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
レスポンス(4-1)本 により Mind Map: レスポンス(4-1)本

1. ハイパワーマーケティング

1.1. 再購入システム

1.1.1. LTV

1.1.2. 一人のお客さんに何回も買ってもらうことがビジネスの基本

1.1.3. 毎月継続して購入してもらう

1.2. USP

1.2.1. ユニーク

1.2.1.1. うちの方がいいですよ、よりよいと言っているだけ

1.2.1.2. ユニークにしていくことで競争がなくなる

1.2.1.3. ターゲットも特定されるのでお金もかからずリード取れる

1.2.1.4. 細かく細かくユニークにしていくことで広告費もかからず取れる

1.3. リスクリバーサル

1.3.1. 買い手側のリスクを売り手がすべて負う

1.3.1.1. お金以外のリスクもすべて負う

1.4. クライアント

1.4.1. いろんなオプションをつけてあげる

1.4.2. でもお客さんを迷わせるようなものはダメ

1.4.2.1. 何個買いますか?

1.4.2.2. どれを買いますか?

1.4.2.3. 「選択肢の矛盾」

1.4.3. たくさんの時計を載せていたが、それを1つにしたら売り上げが上がった

1.4.4. 一回売ってからそのあとこれもどうですか?と売る

1.4.5. ちゃんとリードしてあげないといけない

1.5. アドオン

1.5.1. 追加に購入してもらう

1.5.1.1. アップセル

1.5.1.1.1. 量が多いものを売る

1.5.1.1.2. 10本買ったら1本やすくなるよ

1.5.1.1.3. レジにガム

1.5.1.2. クロスセル

1.5.1.2.1. 関連商品を売る

1.5.2. アップセルがいい

1.5.2.1. スーパーに人をいれるよりガムを買わせるのは簡単

1.5.2.2. お客さんも満足してくれる

1.6. TFN(ティルファーサーノーティス)

1.6.1. 知らせるまで続ける

1.6.2. キャンセルがくるまでサポートをしますよ

1.6.3. 会員制のビジネスをいれることでビジネスが拡大する

1.7. テスト

1.7.1. 失敗という言葉はない

1.7.1.1. テストの結果なだけ

1.7.2. ここそという反応がでたら一気に広げる

1.7.3. 満足しなかったものをロールアウト

1.7.3.1. 小さくテストしていく

1.7.4. コード(記録)を見る

1.7.5. ABテスト

1.7.6. ビジネスは「スピードが大事」

1.7.6.1. 失敗だとさっさと知る

1.8. ジョイントベンチャー

1.8.1. 企業はリストを大事に使えていない

1.8.1.1. 商品もっていてもレター持っていない

1.8.2. 買いてあげてジョイントベンチャーのリストに流す

1.8.2.1. リスト流す費用はこちらが持ちますので

1.9. 顧客との会話

1.9.1. ニュースレターを既存客に送る

1.10. 可能性の高い見込客を獲得する

1.10.1. 数だけで判断するのはダメ

1.10.2. 広い媒体に出してしまう

1.10.3. 量も大事だが、「質」が大事