レスポンス(10-3)

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
レスポンス(10-3) により Mind Map: レスポンス(10-3)

1. セールスレターの言葉使い

1.1. セールストーク

1.1.1. 音読して違和感がない言葉使い

1.1.2. 砕けすぎている言葉使いに引っかかってくるお客は あまり良いお客ではない

1.1.3. 1人称

1.1.3.1. 私・僕に気を使う

1.1.4. パーソナリティが重要

1.1.4.1. その人の人柄がわかるように

1.1.4.2. リラックスするように

1.1.4.3. 僕、の方が パーソナリティが出る

2. サブヘッドラインはどんな役割

2.1. メリハリをつける目的

2.2. 同じようなものがずらっと続くと 丸ごと読み飛ばしされる

2.3. A4に2つくらい入れる

2.4. 読み飛ばす人も「え」と思うものをいれる

2.5. 書き方

2.5.1. 注意を引くのが目的

2.5.2. 集中力がなくなった人を もう一回引き戻す役割

2.6. ブレットの中をサブヘッドのように使う

3. メルマガのタイトル

3.1. 開封させることが目的

3.1.1. より興味深いことをいれる

3.1.2. 1ニュース

3.1.2.1. ヤフーニュースを参考に

3.1.3. 2興味

3.1.3.1. このファックスはあなたのものですか?

3.1.3.2. 「送信者が信頼関係できているかどうか」も大事

3.1.4. 3ベネフィット

3.1.4.1. 〜するには、方法とかく

3.1.5. 1〜3の順で良い

3.2. DMタイトル

3.2.1. ティーザーコピー

3.2.1.1. 中身がきになるようなコピー

3.2.1.2. 封筒の外に描く

3.2.1.3. ストーリーをかいて、続きは中身で・・・

4. ヘッドラインの怪しさと強さのバランス

4.1. インパクト強くすると怪しいわけではない

4.1.1. 暗示なども

4.2. 直接的なベネフィットをかいているヘッドはあやしい

4.3. できるだけ間接的な暗示的なベネフィットを書く

4.4. そして信頼あるようなデータをいれる

4.4.1. 医者が選ぶ、東京大学

4.4.2. 雑誌に載っている・・

5. セールスレターのスワイプ

5.1. PDFにして保存

5.2. マックジャーナル

5.3. 広告集などを買う

5.3.1. PDFにしてとっておく

6. ヘッドライン

6.1. 見込み客が普段使っている言葉を使う

6.1.1. よく読む雑誌にはどのように使われているか

6.2. 小学5・6年生でもわかる言葉

6.2.1. ルックスなど見込み客がわかるものなら良い

7. 文字数・A4サイズにこだわる

7.1. ファックスは2枚はありえないので 1枚がよい

7.2. サイズ制限があるのは基本。値段違う

7.3. サイズにこだわらずとにかく書く

7.3.1. 優先順位が低いものを削る

7.3.2. 1時間の講義には1週間かかる

7.3.3. 何を言いたいのかかいて、そこから残していく

8. アドセンスコピー

8.1. 傾向

8.1.1. メルマガの件名と同じ

8.1.2. ニュース・興味・ベネフィット