固有状態の熱化

Project Control, Project Closing, Timeline template

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
固有状態の熱化 により Mind Map: 固有状態の熱化

1. 自由電子の場合

1.1. 1電子グリーン関数

1.1.1. 平衡状態の物理量として何をとるか?位置、運動量。

1.1.2. 平衡状態に向かっていく様子を記述できる量を定義できるか?

1.1.3. 温度・化学ポテンシャル・自由エネルギー

1.2. 自由シュレディンガー方程式の基本解

1.2.1. エネルギーシェル内の固有ベクトルから初期値をつくり、長時間挙動を解析

1.2.2. 初期状態がデルタ関数であればspreadしていく

1.3. 局所的に決まる物理量とはどのようなものか?

1.3.1. 自由電子でなく、タイトバインディング模型などの場合どうなるか?

1.3.2. 透熱ポテンシャル(LVCなど)の多電子の波動関数を用いたモデルでも熱化が再現できるか?

1.3.3. 相互作用が入ったときはどうなるか?ハバード模型の場合、あるいは電子ガスへの摂動として自己エネルギーを適当に決めた場合。

2. 電子・エネルギーが輸送される系

2.1. excitonつまりelectron-phonon対がどのような長時間挙動を示すか?

2.1.1. 空間的に非局在化してゆく過程

2.1.2. Acquire team resources for stage

2.1.3. Conduct stage kick-off meeting

2.2. 非断熱効果は?

2.2.1. Determine Frequency of Meetings

2.2.2. Schedule Meetings

2.2.3. Brief Project Board

2.2.4. Prepare Meetings

2.2.5. Conduct Meetings

2.2.6. Follow-up Meeting

2.3. 非定常状態の様子が分かる観測量として何が想定されるか?

2.3.1. Schedule Quality Review Meeting

2.3.2. Prepare for Quality Review Meeting

2.3.3. Conduct Quality Review Meeting

2.3.4. Follow-up Quality Review Meeting

3. 分子系

3.1. 3.1 Final Product Evaluation

3.1.1. Prepare Product Evaluation

3.1.2. Conduct Product Evaluation

3.1.3. Initiate Maintenance Process

3.2. 3.2 Project Completion

3.2.1. Prepare for Project Closure Meeting

3.2.2. Conduct Project Closure Meeting

3.2.3. Follow Up Project Closure Meeting

3.3. 3.2 Process Improvement

3.3.1. Prepare Project Review

3.3.2. Conduct Project Review

3.3.3. Implement Process Improvement