クライアント様を成功に導く啓蒙活動

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
クライアント様を成功に導く啓蒙活動 により Mind Map: クライアント様を成功に導く啓蒙活動

1. 上記に当てはまるターゲットを絞る

1.1. 同じような本質をもっている企業又は人へ

1.2. 決済権を持っている人・権限を持っている人

1.3. 狙うべき業種・顧客層明確化する

1.4. キーワード選定

1.4.1. http://liginc.co.jp/web/seo/142397

1.4.2. http://blog.marketing.itmedia.co.jp/volareinc/entry/692.html

2. セミナーもしくは勉強会の営業

2.1. 少人数

2.2. 売り込まない

2.3. 勉強会誘う感じ

2.4. 信用や信頼を勝ち取ることが目的

2.5. 実績のノウハウなどを暴露

2.6. 上記は個人面談にこぎつけるようにもっていく前段階の仕込み

2.7. 行った営業先など必ず管理する

3. セミナー又は勉強会

3.1. アイスブレイク 自己紹介してもらう

3.2. 売りたいモノから少し違うものテーマにする

3.3. インパクトを与える

3.4. 同業と組まない

3.5. 形式

3.5.1. ディスカッション形式

3.5.1.1. わきあいあいと信用が勝ち取りやすい

3.5.2. セミナー形式

3.5.2.1. 先生と生徒という関係性を持ちクロージングしやすい

3.5.2.2. はじめに講師画面でストップして司会に紹介してもらう

3.5.2.3. 1時間で休憩をいれる

3.5.2.4. 自己紹介で年数

3.5.2.5. 資格などを並べる

3.5.2.6. 社内で勉強会していてブラッシュアップしているものを見せる

3.5.2.7. 成功事例を3パターン見せる

3.5.2.8. ユーザーの行動フローを調べる

3.5.2.8.1. 当事者を使って調べる

3.6. 自己紹介はストーリーを

3.6.1. 失敗をたくさん述べる

3.7. 盛り上がる方法

3.7.1. AとBとの会話で引き込むモデルを比べる

3.7.2. 成功モデルをちらみせ

3.8. クライアントのお客様の背景も吟味する

3.8.1. お客様

3.8.1.1. のお客様

3.8.1.1.1. 解決することで

3.8.1.2. 悩み

3.8.2. 悩み

3.9. 最後には必ず

3.9.1. 行動を起こさすようにもっていくネタ

3.9.2. アンケートを準備する

3.10. その場で個人面談へとりつける

3.10.1. 問題を明らかにしたいので時間がありましたらきてもらえませんか?とトーク

3.10.2. 何が得か?その人に合わせた内容での施策を提案するため

3.10.3. 得することを与える 分析シートをもらえるなど

3.10.4. アンケートの時間を十分にとります

3.11. 落とし穴

3.11.1. 難しい話しをしない

3.11.2. 行動促さないのはダメ

3.11.3. 顧客になったときがイメージできない

3.11.4. 説明会になっていないか?

3.11.5. セミナーの目的がおかしい

3.11.6. コンサルという言葉を使わない

3.11.7. 強制ではないように

3.11.8. 個人面談の無料・有料を敷居を細かく

3.11.9. 対象の絞り込みが甘い

3.11.10. そのうち客へ対しての施策はあるか?

3.11.11. アポイントの取り方が下手

3.11.12. 受付で参加費をもらったりしてはダメです

3.11.13. 貴方自身が先生になりきれていない

4. 個人相談

4.1. まずお願いしますと事務所に来てもらえるパターンが一番良い

4.2. 悩みを聞き出す

4.2.1. 私達の商品やプロダクトで解決できるものを提案する

4.3. お願いしますと言ってもらう方法

4.3.1. 先生であることを再認識させる

4.3.2. 最初に話のゴール・問題を明らかにするだけ

4.3.3. こっちがペースを作ること

4.3.4. 聞くことを忘れない 8対2

4.3.5. メモをとりながら聞く

4.3.6. ベストクロージング

4.3.6.1. 予算を明確にいう

4.3.6.2. 希望や理想をすべて話してもらう

4.3.6.3. 選択肢を与えること

4.3.6.4. 聞きづらいことも聞く

4.3.6.5. 先生はあくまでもブランドの1環

4.3.6.6. 勉強したとは思いますが、解決策をご自分でされるのでもいいですし、希望であれば一緒に解決できますが、どうなさいますか?

4.4. 業種別

4.4.1. WEB関係なら

4.4.1.1. コンセプトワーク※構成料※問診料

4.4.1.1.1. クライアントさんの顧客を見るようにしてあげる話しかけ

4.4.1.2. コンセプトダイヤグラム※じゃあどんなコンテンツがいるの?※ターゲットと支払いまでのプロセス

4.4.1.3. コンテンツ受注販促※HP、LP

4.4.1.4. 1件あたりの顧客単価を計算 で粗利益を計算※提案

4.4.1.5. お試しパックで販促※広告費※サービス

4.5. 見積もり※魅せ方

4.5.1. コストというより、投資と思ってもらう

4.5.2. 成果を見積もる

5. 上記での実績を作る

5.1. 売上を作る

5.2. 数をこなす

5.3. 本質的な悩みを解決できていることを見つけ出す

6. スキーム・スキル・ノウハウを行動してみる

6.1. まずはできることを行動しお金を頂けるようにする

6.2. こちらから与えれるものを与える

6.3. パッションを前面に出し強くもつ

7. 検証・改善を継続的に行う

7.1. フォローする

7.1.1. 契約まで連絡が頻繁だったのに、契約してからは全然ないという営業マン

7.1.2. ちょっとしたことでイメージが悪くなる

7.2. サポートする

7.2.1. 悩みにアドバイスしてあげる

7.2.2. 背中を押すことの内容がメイン

7.2.3. 作業ベースであるとスピーディーさが必要

7.3. 改善する

7.3.1. 上記まで全ての見直し

7.4. 継続する

7.4.1. 勉強会

7.4.2. フォローサポート改善

7.5. モチベーション向上の啓蒙活動

7.5.1. 定期的にクライアントさん限定のノウハウを提供

7.6. 紹介してもらうコツ

7.6.1. どこが気にいったか聞く

7.6.2. 既存客をこれでもかというぐらい大事にして何かの折に粗品とセミナー資料をいれる

7.6.3. 紹介は特別扱いを期待している

7.6.4. 紹介者のホウレンソウを忘れるな

8. 上記を繰り返し行動する

8.1. 上記までの全てを必ず実践する

8.2. 始めにもどる

9. 大前提に

9.1. 結局その人から溢れるもの研ぎ澄ます