新しいマップ

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
新しいマップ により Mind Map: 新しいマップ

1. 広告とは何か?

1.1. Facebook広告とは

1.2. 他のPPC広告との違い

1.3. メモをとてください

1.4. 広告ってそこら辺に見渡したらたくさんあるけど、そこの本質に気付くことができたらめっちゃうまくいきます

1.5. 僕の中でそのキーワードとなるものは「欲求」

1.6. ココについてはまたあとで説明させてもらうことにします

2. 広告の出し方

2.1. アンケートをとってみたら広告の出し方から知りたいっていう意見が多かった

2.2. 広告の出稿の仕方を説明する

2.2.1. 目的

2.2.2. キャンペーン

2.2.3. 広告セット

2.2.4. 広告

3. 広告を作るのはちょっと複雑ですけど今回説明した感じでやってもらえれば、問題ありません。

3.1. ただ、広告っていちばん大事なのはキャッチコピーなんですよ

3.2. で、キャッチコピーがどんなものかということをしっかり理解することが重要

4. 僕も、まあ、いろんな案件(A8ネットにある商品だとか、他には副業系案件とか)を扱ってるけど

4.1. それぞれメリット・デメリットがある(無料オファーだとデメリット→期間が短い、広告審査に通りにくい、メリット→報酬が高い。 通販メリット→期間が長いのでじっくりとテストできる。デメリット→値段)

4.2. 正直、僕がさっきいった「欲求」ですよね。ここを理解できればどんなものでもしっかり成果を出すことができます。

4.3. 「欲求をいかに掻き立てられるか」その為にちょっとワークを行いたい

4.4. 身近にあるものでいいから、何か自分の欲求が掻り立てられるものを持ってきて欲しい、

4.5. で、なぜそれに欲求が掻き立てられるのかをしっかり考えてほしいんですね。

5. 一番、欲求を掻き立てるのがうまいなって僕が感じるのは、やっぱり副業系の案件なんですね。

5.1. なぜなら、スゴイ優秀なマーケッターのひとたちがそこに全身全霊をかけて取り組んでいるから

5.2. ダイエットとか、美容とかの商品の案件だとどうしても薬事法とか規制がかかっちゃってて、本領を発揮できていない

5.3. それに対して、副業系の案件にはそういう規制がないし、何より今、乗りに乗ってる、ベンチャー企業がイケイケドンドンで色々考えて取り組んでいる。

5.4. だから、どうしても「欲求を駆り立てる」という面においては、副業系の案件がとても勉強になる。

5.5. 僕の中では、一番はメールアドレス登録後のサンクスページにある長いコピーの部分。あそこは、一番勉強になる

5.6. 次は、1話めの動画が始まる前のダイジェストのところ

5.7. とにかくそれ意外にも大事なところはたくさんあるが、そこが僕は重要だと考えています。

5.8. そして今回、今からものスゴく大きなきゃんぺーンが始まります、恐らく過去最大規模のキャンペーンです。ですので、ココに取り組んでいるマーケッターの人たちももの凄く優秀な人達で、そのひとたちが練りに練って作ったキャッチコピーが無料で見れる。これを僕は見ない訳にはいかないと思う。もし僕と広告を一緒にやっていくという危害があるのであれば、登録していただきたい。そして、しっかりキャンペーンを最後までみて、その本質、「欲求を駆り立てる」というそのやり方を吸収してください。もちろん動画もしっかり全て見てください。その動画自体がマーケッターが非常に考えに考えてつ売ったものですので、勉強になることは多いはずです。そしてなによりこの動画の中で語られている転売についてもしっかりこのづお画を見て勉強してください

5.9. 動画の中にはホントにちしきがたくさんつまっています。最後までしっかり動画を観て、その知識を自分の血肉となるまで落とし込んでください。そうすれば、知識が深まり。思考する力、発想力が向上するのでより良いコピーがかけるようになります。

6. 最後に、

6.1. こういうふうな感じで、広告サロンでは課題をたくさん投げていくつもりです。前にもお話しましたが、僕は9月の末までに月利2000万を安定して出させるためにどんどんつきすすんでいきます。それにあたって、一緒に意見を交換しあい、高め合える仲間が欲しい。毎日お互い考えて、考えて、そしてひらめいたことを共有してって感じで、月利2000万にむけて、どんどんスピードを加速させて進んでいきたい。

6.2. 9月までに月利2000万まで持っていく。   だから、一緒に仲間を増やしていくことが重要。 自分と同じようなマインドやってくれる人が必要 だからFacebookで数人でいいから集めようと思った。 そしたら、こんなに沢山の人が殺到して わけのわからないことになった。 だkら今こういう形でウェビナーをしている で、こんなに沢山の人がやりたいっていうんだから 僕もそんなに人はいらないんだけど 選抜して、いいチームを作りたいと思っている。 だkらサロンを作ることにした。 サロンの中で何人かピックアップして 広告を一緒にやっていくメンバーを話し探していく。   そして、一緒に僕の目標である月利2000万ってところを目指していきたい。

6.3. お金はいらない。対等な立ち位置で情報交換できるぐらいの人がいい。

6.4. そのためにも、これから広告サロンに入りたい人は入ってもらって、僕から与える課題をしっかりやってもらって、その上でしっかりしたマインドがあって、一緒にやっていきたいなって思う人だけを引き上げて一緒にやっていきたい。

6.5. 依存せず自立してできる人、s

6.6. 素直な人

6.7. 自分で考えて行動できる人

6.8. なので、これからサロンの募集を開始したいと思います。

7. 今の自分=皆の未来

7.1. 今日は僕がフェイスブック広告を使ってたった10日間で 162万6千円の利益を作った。その方法をお伝えするためにこうやってウェビナーをやっているんですけれども。

7.2. なんか、軽い気持ちで投稿したら、予想以上にコメントが殺到しちゃいまして。僕自身びっくりしました。ホントに焦りましたね。ほんの数人だけがコメントくれるもんだと思っていたので、想像を上回りすぎてびk

7.3. キャンピングカーで生活している

7.4. リストも資金も無くてもどこにいても稼げることが出来る

7.5. 大好きな仲間とキャンピングカーで全国を回って生活することが出来る

7.6. 今はこうやって稼げているが昔はそうではなかった

7.7. 昔の話

7.7.1. 自分の好きなときに仕事ができるから、好きなように生活が出来る

7.7.2. なぜフェイスブク広告なのか、これまでのストーリー

7.7.2.1. フェイスブック広告をやるまでの経緯

7.7.2.2. ちょっと遡ってお話をさせてもらえれば

7.7.2.3. 小学校時代→5人兄弟、お兄ちゃんの影響でそろばんを始める(ちょっとうまくいく)。親の影響で野球を始める。昔からスポーツはちょっと得意だった

7.7.2.4. 小学校時代→5人兄弟、お兄ちゃんの影響でそろばんを始める(ちょっとうまくいく)。親の影響で野球を始める。昔からスポーツはちょっと得意だった

7.7.2.5. 高校時代→野球がめっちゃ弱かった。で、同じ学年のメンバー全員で協力して「勝つチームにしよう」ってことで、めっちゃ練習した。

7.7.2.6. 日曜日は学校の決まりで練習できなかったから、皆で別のグランドに集まったりして練習してた。

7.7.2.6.1. もともと朝練とか無かったけど、学校の校長先生にお願いして、朝練できるように特別に認めてもらっったり

7.7.2.7. 僕は副キャプテンをやってて、皆をまとめてた。練習メニューとかも自分で考えて、規律とかも作って、超厳しくやってた。

7.7.2.8. それぐらい本気でやってた。そしたら、練習試合で県で準優勝した高校に勝ったり、

7.7.2.9. でも、それぐらい野球部を僕が中心になって強くしてきた。ホントにぼくらの代で10年ぶりぐらいに大会で勝利して、ある程度結果を残した。

7.7.2.10. 大会でも、当時県で優勝した、糸満高校と対戦して、僕は1番ファーストで出てた。7回まで勝ってて、めっちゃ勝てるんじゃないかってところまで行ったけど、そんなに甘くなくて最終回あたりに逆転されて、惜しくも負けてしまった。

7.7.2.11. で、最後の大会も1回戦はなんとかサヨナラで勝って(僕が最終回先頭打者でひっとを打ったことで、チームが盛り上がり、逆転でサヨナラ勝ちをした。そのとき決勝点のホームベースを踏んだのは僕だったんですけど、ヘッドスライディングして指を脱臼した。でも勝てたから良かった。1週間後に次の試合があったが、テーピングで指をぐるぐるまきにして強行出場した。しっかりヒットも打った。けど相手も強豪で、僅差で負けてしまった。)

7.7.2.12. 野球では、怪我ばっかりで、思いっきりプレーできたことがなかった。でも怪我をしながらも誰よりも練習したし、試合の時はテーピングやらサポーターやらを付けて、医者に止められながらも試合に出てた。僕の中では少し痛みはあるけど問題ない感じだった。それでも、結果は残してきた。

7.7.2.13. そんなこんなで、高校のときは怪我が多かったから、医者になろうと思ってた。

7.7.2.14. でも、そんなに勉強していなかったから、医学部は程遠かった

7.7.2.15. 結局、現役のときは全然力が及ばず落ちた。浪人する。勉強する気になれなくてとりあえず遊びほうけてた→でも1ヶ月ぐらいたったら遊ぶのも自分のやりたいことじゃないなってなって遊ぶことも楽しくなくなっちゃってやめた。その時の心境として勉強もしなきゃいけないけどそんなにやる気が起きないどうしようって言う葛藤があり、ものすごく悩んでいた。どんどん自分が何をしたいのかわからなくなっちゃってて、ものすごく憂鬱になっていって、部屋に引きこもるようになった

7.7.2.16. 部屋に引きこもる。何もしたくなかった。9ヶ月部屋に引きこもり、鬱になる。人と会いたくない。対人恐怖症。

7.7.2.17. でも、、1浪目の受験が終わったときに、ずっと逃げてるじぶんが嫌になって、なんとか殻を破ろうと思い、苦渋の思い、断腸の思いで、家の近くにあった塾に通うことにする。引きこもってて人と会うのが怖くなっていたからもの凄く怖かった。そこの自習室を借りて医学部に合格するためにひたすら勉強した。

7.7.2.18. 1年間まったく勉強していなかったので、現役のときよりも遥かに成績が下がってしまっていた。でも、とにかく自分の中で前に進もうと決めていたので、がむしゃらに勉強した。

7.7.2.19. 医学部ってめっちゃむずい。僕は天才では無かったから、2、3回反復するだけじゃ出来るようにならなkった。だから、もう全部暗記しようと思って、全ての問題を20回以上はひたすら反復した。ヤバイものは100回ぐらい反復している。全部を覚えるためにはとにかく勉強時間の確保が必要だったから、寝る時、ご飯、以外はひたすら勉強した。お風呂に時間はボイスレコーダーに録音させた暗記することをひたすら聞いていた。

7.7.2.20. そういう感じで、ずっと勉強していたら、もちろんすぐには結果が出なかったが、試験直前にこれは合格があるんじゃないかってところまで成績が上がってきた。塾の先生も成績の上がり方にびっくりしてた。

7.7.2.21. でも、センター試験当日、あんまり体調が良くなくて、緊張かなんかわからんけど、ずっと吐き気がして、ぜんぜん試験どころじゃなかった。

7.7.2.22. 落ちた、めっちゃ悔しかった。でも親がもう一度頑張ってってことでもう一回チャンスをくれた。そして3浪することになり、予備校に通いはじめるようになった。

7.7.2.23. そして、予備校でもひたすら勉強して、試験直前の模試で「医学部に合格できますよ」っていう判定だった。今までで一番点数も取れるようになっていた。もうテンション高い。これでやっと医学部に受かるって思ってた。

7.7.2.24. まさかの本番まためっちゃ緊張しちゃって、これで最後だと決めていたから、これで落ちたらヤバイなってことが頭のなかによぎってしまって、うまく集中できなかった。そして、試験の後採点してみたら、まったく点数が取れていなかった。もう訳がわからなかった。で、医学部受けるもダメで、落ちてしまって。すべり止めで泣く泣く英語の学部に入った。

7.7.2.25. で、大学生活が始まった。何をしていいのかわからなかった。医学部に行きたかったのに、それが叶わなかった。自分の中でいろいろ改めて考えてみると、医者って素晴らしい職業(やりがいもあって) だけどなぜ、医者になりたいかって深く考えてみたら、お金がほしいからなんじゃないかって気付いた。

7.7.2.26. で、じゃあ、大学も行きつつちゃんと勉強して、FXも勉強することにした。FXを4月から7月まで3ヶ月位勉強してたけど、チャートを観る日々が嫌になっちゃった。

7.7.2.27. で、他に俺に向いてるビジネスって無いかなって色々探しているときに与沢さんFB投稿を見てネットビジネスというものに出会った。これならしっかり稼いで自分の望む未来も手に入れられるんじゃないかと思った。

7.7.2.28. で、いろんなメルマガとかに登録してたら、たまたまわけの分からない「キャンピングカーの運転手募集」って言う物があった。よくよく見てみたら、大森さんや黒田さん(ネットビジネスでもの凄く結果を出されていらっしゃる人)のキャンピングカーの運転手募集だった。そして、それまで、大学に通ってしっかり単位を取る準備をしていたけど、なんか自分の直感の中ですべてを捨ててでもその環境に飛び込んで、自分を1から叩き直して、成長したいって思いが強くて、

7.7.2.29. 大学も期末テスト期間中で、期末テスト受けないとそれまでの成績がいくらよかろうと単位が取れない。でも、自分の中で逃げ道を作りたくなかったから、あえて全ての期末テストにさんかせず、すべての単位を落とした。そして、大学に戻れないようにした。3浪して、おやにも迷惑かけてやっとのことで入学できた大学だったけど、自分の中でやっぱり自分のビジネスを持って成功したいって言う思いが強かったから、すべてを投げ捨てて運転手になることにした。

7.7.2.30. そうやって、運転手生活が始まり、最初はただの雑用で、いろんなことをやってたけど、たまたま僕が計算がスゴく早いことに気づいた大森さん黒田さんがもしよかったらフェイスブク広告やってみないかと言われたのがきっかけでフェイスブック広告をやるようになった。

7.7.2.31. そして、10月からやったあものの、ぼくはてっきり楽しても余裕で成果を出せるでしょとタカをくくっていた。でも、全然結果は出なかった。むしろ赤字垂れ流しで、毎日大森さん、黒田さんに合わせる顔がなかった。このままだとフェイスブック広告の仕事打ち切られるなヤバイなってずっと思ってた。何とかして、よくしたいって思ってたけどどうしていいのかわからず、悩んでいた。マジでそうしていいのかわからなくて、結果が出ないことをその回してる案件のせいにしたりしてた。

7.7.2.32. 周りの色んな人からヒントは投げられてた。  そこで、自分に矢印を向けるようになった。 そして、人のせいにせず自分のせいにするようになった。 そしたら、少しずつ結果が良くなってきて そして、さらに ある動画を見ているときに 結果を大きく加速させる、あるキーワードの出会った。そこに気付いた。それは「〇〇」→欲求 後ほど話すようにするが。

7.7.2.33. で、ある動画を観てから考え方がガラリと変わった。あ本質に気づいた。一番大事なことって自分自身にベクトルを向けることで結果が出ないのは自分のせいであることをしっかり認めること、その上でどうすればもっと良くなるのかしっかり考えて考えて、今の自分に出来ることを最大限にやることに気づいた。しかも

7.7.2.34. しかも、それと同時に動画を観ててあることに気付いた。広告って「欲求をいかに掻き立てられるか」が重要なんだと気付いた。それまではわかってるつもりだったけど、その本質に全然気付けてなかった。それに気づけたおかげで、急に結果が出始めて、さらにはそれを教えた人も圧倒的な結果を残した。

7.7.2.35. その欲求を駆り立てるということはそういうことなのかって言うことを今回は皆さんに詳しくお伝えしていきたい。まじでこれさえわかればどんな商品でも売れることが出来るし、しっかり良い結果を出せることが出来る