小さな会社の稼ぐ技術

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
小さな会社の稼ぐ技術 により Mind Map: 小さな会社の稼ぐ技術

1. 著者

1.1. 著者

1.1.1. 栢野克己

1.2. 監修

1.2.1. 竹田陽一

1.3. 取材・執筆協力

1.3.1. 豊倉義晴

2. 竹田式ランチェスター経営とは何か?

2.1. 第1章

2.1.1. 「頑張る=儲かる」ではない

2.1.1.1. ほか弁FCの事例

2.1.1.1.1. 岩田社長

2.1.1.1.2. お礼ハガキ

2.1.1.1.3. 名前を覚えて名前で呼ぶ

2.1.1.1.4. 顧客名簿を作る

2.1.1.1.5. ご機嫌伺いの電話をする

2.1.1.1.6. 来店客にお茶やお絞りを出す

2.1.1.1.7. 営業エリアを絞る

2.1.1.1.8. 客層を絞る

2.1.1.1.9. 事業者向けのデリバリーをする

2.1.1.1.10. 飛び込み営業の訪問回数を増やす

2.1.1.1.11. ニュースレターをやる

2.1.1.1.12. 店頭にスタッフの自己紹介ポスターを貼る

2.1.1.1.13. 作業マニュアルを作る

2.1.1.1.14. 顧客を招いたイベントをやる

2.1.1.1.15. 顧客の集うコミュニティーを作る

2.1.1.1.16. スタッフの定着

2.1.1.2. 変わらないために変わり続ける

2.1.1.3. 自社×ライバル×お客

2.1.1.4. 社員は戦術、社長は戦略

2.2. 第2章

2.2.1. 弱者の戦略・強者の戦略

2.2.1.1. 弱者の戦略

2.2.1.1.1. 差別化

2.2.1.1.2. 小さな1位

2.2.1.1.3. 一点集中

2.2.1.1.4. 接近戦

2.2.1.2. 孫正義もランチェスターを取り入れていた

2.2.1.3. 1位以外は詐欺

2.2.1.3.1. 山川先生の言葉

2.2.1.4. 経営の8大項目

2.2.1.4.1. 商品(何を)

2.2.1.4.2. 地域(どこの)

2.2.1.4.3. 客層(誰に)

2.2.1.4.4. 営業(どうやって新規客を作るか)

2.2.1.4.5. 顧客(リピート・ファン・信者)

2.2.1.4.6. 組織(人事・研修・やる気・活気)

2.2.1.4.7. 資金(資金調達と配分)

2.2.1.4.8. 時間(働く時間・働き方)

3. 弱者の4大戦略で利益は必ず出る

3.1. 第3章

3.1.1. 成功する商品の選び方

3.1.1.1. 弱者の商品選定

3.1.1.1.1. 手作り、少量生産、オーダーメイド

3.1.1.1.2. 市場が小さい、ニッチ

3.1.1.1.3. 衰退産業

3.1.1.1.4. イメージが悪い、怪しい

3.1.1.2. 強者や大手と違うことをやる「差別化」

3.1.1.2.1. 手作り(面倒くさい系)

3.1.1.2.2. 少量生産

3.1.1.2.3. これが本当の手作り

3.1.1.2.4. あなただけの人形

3.1.1.2.5. 神社で祈祷した瓦せんべい

3.1.1.2.6. 購買率100%のDM

3.1.1.3. あれこれではなく「一点集中」で「小さな1位」を目指す」

3.1.1.3.1. やずや

3.1.1.3.2. 健康家族

3.1.1.3.3. 深く穴を掘れ。穴の直径は自然に広がる

3.1.1.3.4. ロゴマーク専門のデザイナー

3.1.1.3.5. 味が美味しすぎない、程よく美味しいが秘訣

3.1.1.3.6. 日報に特化したコンサルタント

3.1.1.3.7. 葬儀専門の人材派遣会社

3.1.1.3.8. 衰退産業も狙い目

3.1.1.3.9. 残り物に福あり

3.1.1.3.10. 怪しいからチャンス

3.1.1.3.11. 厳しいマジメ正直がウリの英会話教室

3.1.1.3.12. 新築住宅クレーム処理はブルーオーシャン

3.1.1.3.13. 自分の足元を探す

3.2. 第4章

3.2.1. 成功する地域の選び方

3.2.1.1. 地域が悪いとぼやいても仕方がない。自分が変わるしかない

3.2.1.2. エリア縮小で売り上げ3倍

3.2.1.2.1. エステティックサロン

3.2.1.3. 外回りの地域も絞る

3.2.1.3.1. 見えざる敵は移動時間

3.2.1.3.2. 都会より田舎

3.2.1.4. 一等地でなく裏道

3.2.1.4.1. 飲食チェーンのONOグループ

3.2.1.4.2. ライバルの少ないローカルが良い

3.2.1.5. 半径500メートルにしぼり売り上げが25倍に

3.2.1.5.1. 中洲の不動産屋

3.2.1.5.2. 対象はスナックやクラブのママ

3.2.1.6. 知行合一

3.2.1.6.1. 知ると、やるは違う

3.2.1.7. アジアに夜逃げで成功

3.2.1.7.1. 菊の農家

3.2.1.7.2. ベトナムで作って売る

3.2.1.8. タイでも弱者の基本戦略は通用する

3.2.1.8.1. 高度経済成長でライバルが弱いので成功する

3.2.1.8.2. タイに居続けている人はほぼ全員が成功している

3.3. 第5章

3.3.1. 成功する客層の選び方

3.3.1.1. バカにされる勇気

3.3.1.1.1. 工務店のチラシの事例

3.3.1.2. 「二度と行かない」から成功の店

3.3.1.2.1. 女性ターゲット版のうどん

3.3.1.2.2. 一風堂のうどん版

3.3.1.3. 「マズイ。接客サイテー」で年商3億円

3.3.1.3.1. 肉体労働者向けのラーメン屋

3.3.1.3.2. サービスなんかいらん。その分安くし、ラーメンを早く出さんか!

3.3.1.4. 「ダサいチラシ」がノウハウ

3.3.1.4.1. ベルーナ

3.3.1.4.2. チラシをわざと3ミリずらす

3.3.1.5. 優良店の背景に「裏サービス」あり

3.3.1.5.1. でんかのヤマグチ

3.3.1.6. 客が辞めないスクール

3.3.1.6.1. パソコン教室のホエール

3.3.1.6.2. 老人の憩いの場

3.3.1.6.3. シニアに絞っても40代は来ますが、逆だとシニアは来ない

3.3.1.7. 「障害者専門」で成功

3.3.1.7.1. 旅行会社

3.3.1.7.2. ベルテンポ

3.3.1.7.3. 会員制

3.4. 第6章

3.4.1. 成功するお客の作り方

3.4.1.1. 営業ツールの例

3.4.1.1.1. アナログ営業(個人・法人向け)

3.4.1.1.2. 広告(アナログ)

3.4.1.1.3. ネットツール

3.4.1.1.4. ネット広告

3.4.1.1.5. ポータルサイトへの出稿

3.4.1.1.6. マスコミPR

3.4.1.2. やずやの営業活動

3.4.1.2.1. クロレラの訪問販売で軌道に

3.4.1.2.2. 訪問販売→アナログ通販+ネット通販

3.4.1.2.3. 社労士の事例

3.4.1.3. 「下品で怪しい」から成功

3.4.1.3.1. 弁護士、司法書士

3.4.1.4. ネット閲覧者にアナログ訪問

3.4.1.4.1. 自社のホームページにアクセスした会社の名前がわかるツールを導入

3.4.1.4.2. 相手が問い合わせをしてくる前に、飛び込み営業をする

3.4.1.4.3. リフォーム会社の事例

3.4.1.5. ネットを超えるアナログ営業

3.4.1.5.1. ホームテック

3.4.1.5.2. 「個人通信」代行

3.4.1.6. セミナーや勉強会に参加

3.4.1.6.1. 経営セミナーに参加し、フォロー

3.4.1.7. 年三回の手書きハガキを5年続ける

3.4.1.7.1. 生保代理店

3.4.1.7.2. ザイアンスの法則

3.4.1.8. 自らセミナー講師をやる

3.4.1.8.1. 大勢の前で恥を書きたくないという心理の逆をつく

3.4.1.8.2. 先生という立場になる

3.4.1.9. FAX営業は穴場

3.4.1.9.1. FAXはライバルが少ないから良い

3.4.1.9.2. 士業向けの経営コンサルが実践

3.4.1.9.3. ターゲットは年配が多いから

3.4.1.10. 紹介営業

3.4.1.10.1. 他の士業からの紹介はかなり良い

3.4.1.10.2. 異業種の交流会には積極的に参加する

3.4.1.11. 面会後のフォロー営業

3.4.1.11.1. じわじわと信頼関係を築く

3.4.1.11.2. オフライン

3.4.1.11.3. オンライン

3.4.1.12. 強烈なお礼参り

3.4.1.12.1. 狙いを定めた会社へ訪問挨拶をする

3.4.1.13. ライバルより常に一歩、お客に近づく

3.4.1.13.1. 家具業界の事例

3.4.1.14. 防音専門で小さな日本一

3.4.1.14.1. ケイエムテクノス

3.4.1.15. 観光地のスゴイ接近戦

3.4.1.15.1. 観光地で写真を勝手に撮って売るカメラマン

3.4.1.16. 早朝の「ユーチューブ投稿」で年商10倍

3.4.1.16.1. 鈴木佳之社長

3.4.1.16.2. 逆転した方法

3.4.1.16.3. 初年度

3.4.1.16.4. 2年目

3.4.1.16.5. 3年目

3.5. 第7章

3.5.1. 成功するファンづくり、顧客対策

3.5.1.1. 前味・中味・後味

3.5.1.1.1. 前味

3.5.1.1.2. 中味

3.5.1.1.3. 後味

3.5.1.2. お礼ハガキを出す日本酒メーカー

3.5.1.2.1. 福岡の日本酒メーカー「篠崎」

3.5.1.3. 手書きの個別メッセージで成功

3.5.1.3.1. 和歌山の水道工事店の事例

3.5.1.3.2. 士業コンサル横須賀さんの事例

3.5.1.3.3. やずやでもお客さんを10種類に分けてdmの内容を変える

3.5.1.3.4. ペットにもハガキを出したら喜ぶ

3.5.1.4. お客に役立つ勉強会を開催する不動産屋

3.5.1.4.1. 中洲の福一不動産

3.5.1.5. 常識外のお客フォロー

3.5.1.5.1. あじねフライパン

3.5.1.6. 創業前の一風堂がやっとこと

3.5.1.6.1. お客の顔と名前と誕生日を覚える

3.5.1.6.2. お客と食事をする

3.5.1.7. お客から忘れられないようにする

3.5.1.7.1. ホワイトベース

3.5.1.8. ハガキで顧客との距離を縮める

3.5.1.8.1. 福岡のリサイクルショップ

3.5.1.9. 本当の商品は心

3.5.1.9.1. 沖縄教育出版

3.5.1.10. お客の声で売り上げを伸ばす

3.5.1.10.1. ビデオ

3.5.1.10.2. アンケート

3.5.1.10.3. 顔写真

3.5.1.10.4. レビューも最初はヤラセで良い

3.5.1.11. 近いから悪いことはできない◯◯リフォーム

3.5.1.11.1. キャッチコピーの事例

3.5.1.12. ケーススタディ

3.5.1.12.1. 建物オーナーの「困った」を一気に解決面倒くさい系の商品で市場を独占

3.6. 第8章

3.6.1. 夢の実現

3.6.1.1. 経営計画書

3.6.1.2. 人生計画書

3.6.1.3. 1枚の経営計画書

3.6.1.3.1. 中堅以上の大会社は必ず経営計画書を作っている

3.6.1.3.2. 中小零細企業は1割も作っていない

3.6.1.3.3. 名刺見開きサイズで作成したクレドを全社員が携帯し、朝礼で唱和

3.6.1.4. 人生の成功は夢・戦・感

3.6.1.4.1. 夢

3.6.1.4.2. 戦

3.6.1.4.3. 感

3.6.1.5. 事例

3.6.1.5.1. 経営計画書

3.6.1.5.2. 目標を明確にするための質問

3.6.1.5.3. 目標リスト

3.6.1.5.4. 人生計画書

3.6.1.5.5. やずや創業者による人生計画書

3.6.1.5.6. 栢野さんの人生計画書

4. 迷ったときに思い出してほしい竹田陽一語録

4.1. 語録1

4.1.1. 独立起業は人生の敗者復活戦

4.1.1.1. 事前に独立を計画してた人は5%しかいない

4.2. 語録2

4.2.1. 暴発的な独立は自滅のもと

4.3. 語録3

4.3.1. あまのじゃくな人や変人は有利

4.3.1.1. 「山川」というあだな

4.3.1.2. ユニクロの柳井さん

4.4. 語録4

4.4.1. 40歳を過ぎたら自分に合わないことはしない

4.5. 語録5

4.5.1. 夢や目標がわからないのは普通

4.6. 語録6

4.6.1. 転職や商売替えも手段の1つ

4.7. 語録7

4.7.1. 成功者は朝が早い

4.7.1.1. ココイチ

4.7.1.2. 日本電産

4.8. 語録8

4.8.1. 趣味は捨てる。同窓会も行かない

4.9. 語録9

4.9.1. 感謝は態度で示せ

4.10. 語録10

4.10.1. 本気はワザを越える

4.11. 語録11

4.11.1. 人生は「出逢い」で変わる

4.12. 語録12

4.12.1. すなおが一番

4.13. 語録13

4.13.1. 仲間をつくる

4.14. 語録14

4.14.1. まねをする、パクる

4.14.1.1. フランク・ベトガー

4.15. 総括

4.15.1. 努力のあとに人格が形成される

4.15.1.1. イソップ寓話

4.15.1.2. 農夫とその子供たち

5. 本の購入はコチラ

5.1. http://amzn.to/2nDIJgg