家庭医療

Just an initial demo map, so that you don't start with an empty map list ...

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
家庭医療 により Mind Map: 家庭医療

1. 概念として、Οικογένεια

1.1. エコノミー

1.2. エコロジー

1.3. エゴの医学からエコの医学

2. ク)薬

2.1. 慢性疾患

2.1.1. 高血圧

2.1.1.1. 利尿剤

2.1.1.2. カルシウム拮抗薬

2.1.1.3. ACE阻害薬

2.1.1.4. ARB

2.1.1.5. βブロッカー

2.1.1.6. 抗アルドステロン薬

2.1.2. 糖尿病

2.1.2.1. αグルコシダーゼ阻害薬

2.1.2.2. チアゾリン誘導体

2.1.2.3. ビグアナイド薬

2.1.2.4. グリニド系

2.1.2.5. スルホニル尿素

2.1.2.6. DPP4阻害薬

2.1.3. 高脂血症

2.1.3.1. スタチン

2.1.4. 抗うつ薬

2.1.4.1. 三環系(トリプタノール、トフラニール、アンプリット、アモキサン)

2.1.4.2. 四環系など(ノイオミール、テトラミド、レスリン、スルピリド)

2.1.4.3. SSRI(ルボックス、パキシル、ジェイゾロフト)

2.1.4.4. SNRI(トレドミン、サインバルタ)

2.1.4.5. NaSSA(リフレックス、レメロン)

2.2. 効果判定

2.3. 副作用 http://www.info.pmda.go.jp/juutoku/juutoku_index.html

2.4. 診療ガイドライン http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mmc/guideline/

3. ケ)怪我

3.1. 頭部

3.2. 手

3.3. 足

3.4. 動物咬傷

3.5. スポーツ外傷

4. カ)風邪

4.1. 風邪は万病のもと

4.1.1. 本当の風邪

4.1.1.1. 漢方

4.1.1.1.1. 四診: 望聞問切

4.1.1.1.2. 八綱弁証:表・裏・寒・熱・虚・実・陰・陽

4.1.1.1.3. 六病位

4.1.1.1.4. 気血水

4.1.2. 風邪類似疾患

4.1.2.1. 細菌感染症

4.1.2.1.1. 肺炎

4.1.2.1.2. 中耳炎

4.1.2.1.3. 扁桃炎

4.1.2.1.4. 副鼻腔炎

4.1.2.1.5. 化膿性皮膚感染症

4.1.2.1.6. 尿路感染症

4.1.2.2. お腹の風邪

4.1.2.2.1. ノロウイルス

4.1.2.3. benign rare diseases

4.1.2.3.1. 亜急性壊死性リンパ節炎(Kikuchi-Fujimoto病)

4.1.2.3.2. 伝染性単核球症

4.1.2.3.3. 亜急性甲状腺炎

4.1.2.3.4. Fitz-Hugh-Curtis症候群

4.1.2.3.5. 成人発症Still病

4.1.2.4. 地雷疾患

4.1.2.4.1. 川崎病

4.1.2.4.2. 虫垂炎

4.1.2.4.3. 喉頭蓋炎

4.1.2.5. ウイルス疾患

4.1.2.5.1. インフルエンザ

4.1.2.5.2. RSウイルス

4.1.2.5.3. アデノウイルス

5. キ)急病

5.1. メジャーイマージェンシー(地雷疾患)の除外

5.1.1. 頭痛

5.1.1.1. SAH

5.1.1.2. MENingitis

5.1.1.3. GLAucoma

5.1.1.4. TAN

5.1.2. 胸痛

5.1.2.1. 急性冠症候群

5.1.2.2. 胸部大動脈解離

5.1.2.3. 肺動脈塞栓症

5.1.2.4. 心筋炎

5.1.3. 腹痛

5.1.3.1. 虫垂炎

5.1.3.2. 腸重積

5.1.3.3. 卵巣嚢腫茎捻転

5.1.3.4. 子宮外妊娠

5.1.3.5. 絞扼性イレウス

5.1.3.6. 重症膵炎

5.1.3.7. 急性上腸管動脈閉塞症

5.1.4. 誤診の認知心理学

5.1.4.1. atypical presentations

5.1.4.2. Non-specific presentations

5.1.4.3. Very rare conditions

5.1.4.4. Co-morbidity

5.1.4.5. Perceptual features

5.1.4.6. early disclosure

5.1.4.7. 善きサマリア人の実験

5.2. マイナーイマージェンシー http://www.amazon.co.jp/マイナーエマージェンシー-Philip-Buttaravoli/dp/4263731220

5.2.1. 慢性頭痛

5.2.1.1. 日本神経学会ガイドライン http://www.neurology-jp.org/guidelinem/neuro/zutuu_index.html

5.2.1.1.1. 偏頭痛

5.2.1.1.2. 緊張型頭痛

5.2.1.1.3. 群発頭痛

5.2.2. 肘内障

5.2.3. BPPV

5.2.4. 尿管結石

5.2.5. 蕁麻疹

5.3. Basic Life Support

5.3.1. 心臓マッサージ 100bpm

5.3.1.1. アンパンマンのテーマ

5.3.1.2. 地上の星

5.3.1.3. 世界に一つだけの花

5.3.1.4. ドラエモン

5.3.1.5. Bee Gees: Staying' Alive

5.3.1.6. Michael Jackson: Man in the Mirror

5.3.1.7. Madonna: Who's that girl

5.3.1.8. U2: I Still Haven't Found What I'm Looking For

5.3.1.9. ABBA: Dancing Queen

5.3.1.10. Shakira: Hips Don't Lie (HDL)

5.3.1.11. Gloria Gaynor: I will survive

6. コ)心の病

6.1. EBP http://www.ebpcenter.com/

6.2. 精神薬理

6.3. 認知療法

6.4. ブリーフセラピー

6.5. 自殺対策

6.5.1. 自殺 年間3万人

6.5.2. 変死 年間15万人

6.5.3. 失踪 年間10万人

6.5.4. 自殺未遂 自殺者の10倍以上

7. 普遍的な医療

7.1. micropractice, portable

7.1.1. 見立てと手当

7.1.1.1. 診断

7.1.1.1.1. フィジカル

7.1.1.1.2. 問診と視診

7.1.1.2. 治療

7.1.2. 道具

7.1.2.1. 顕微鏡

7.1.2.1.1. グラム染色

7.1.2.1.2. KOH染色

7.1.2.1.3. エオジノステイン

7.1.2.2. エコー

7.1.2.3. 心電図

7.1.2.4. レントゲン

7.1.2.4.1. どうしても必要か?

7.1.2.5. PDA

7.1.2.5.1. レファランスとして

7.1.2.5.2. 電子カルテのモバイル端末として

7.1.2.6. 電子カルテ

7.1.2.7. 診察道具

7.1.2.7.1. 打鍵器

7.1.2.7.2. 聴診器

7.1.2.7.3. 耳鏡

7.1.2.7.4. 眼底鏡

7.1.2.7.5. 舌圧子

7.1.2.7.6. ノギス

7.2. global & local

7.2.1. IT, Open source

7.2.2. English for special purpose

7.2.3. 地域疫学

7.2.4. 地域医療

7.3. sustainable

7.3.1. ∞(無限の記号)のイメージ

7.3.2. 医学教育

7.3.3. プロダクトのオープン化

7.3.3.1. パッケージを義務教育に組み込めばリソースをもっと専門の医療に注げるはず。

8. 戦略的な医療(大局観)

8.1. 組織論

8.1.1. 垂直形から水平形

8.1.2. 学習する組織

8.1.2.1. ワークワークからワクワクへ

8.1.3. ビジョンとゴール

9. 専門医との連携

9.1. Atherosclerosis

9.2. Emergency

9.3. Infectious disease

9.4. Oncology

9.5. Unclassified

10. ファミリー

10.1. 顧客として、ファミリーレストランなど

10.1.1. 安い

10.1.1.1. 検査、処方の極小化

10.1.2. 早い

10.1.2.1. 待ち時間対策

10.1.3. 旨い→不味くない→不快にさせない

10.1.3.1. 逆らわない

10.1.3.2. コミュニケーションスキル

10.2. 場として

10.2.1. 在宅医療

10.3. 構成員への対応

10.3.1. 小児科

10.3.2. 婦人科

10.3.3. 高齢者医療

10.3.3.1. CGA

10.3.3.2. リハビリ

10.3.3.3. 認知症

10.3.3.4. 介護との連携

10.3.3.5. 急病時の困難性

10.3.3.5.1. 入院場所の確保

10.3.3.5.2. 治療の選択

10.3.3.5.3. 問診プロトコール

10.3.4. 内科

10.3.5. 整形外科

11. 予防医療

11.1. 健康診断

11.2. 地域感染対策

11.2.1. 予防接種

11.3. 健康教育

11.3.1. 転倒予防

11.3.2. 食事指導

11.3.3. 運動処方

11.3.4. BLS

11.3.5. 抗菌薬について

11.4. 置き薬の発想

11.4.1. セルフメディケーション