ナレッジ・マネジメント

マインドマップを利用して

MindMeisterを使用すると、共有、更新、共同作業が簡単に行える直感的なナレッジマップを作成できます。今すぐサインアップして、組織的知識を確実に維持しましょう。

今すぐマインドマッピングを開始する!

または 登録

マインドマップを使って、集団的知性を共有しよう

MindMeisterを使用したナレッジマネジメントにより、組織は集中的かつ安全に集合的なナレッジを保存および共有できます。ナレッジマップを使用すると、チームは、関連するすべての知的資産、画像、ドキュメント、および外部リンクを1つの中央ワークスペースに添付して、部門やオフィスの場所にかかわらずチームのメンバーがアクセスできるようにすることができます。

MindMeisterを使い始めよう

世界中の企業から信頼を集めています

数千ものチームが生産的なナレッジマネジメントのためにMindMeisterを利用しています。ここにその素晴らしいストーリーの一例をご紹介します:

Case Study LiveBy

LiveBy

製品開発

LiveByは製品開発を、デザインから導入まで、MindMeister, MeisterTask と G Suite appsを用いて実行しています。

記事全文を読む
Case Study SAP

SAP

コンピューターソフトウェア

「我々は最初、カジュアルにMindMeisterを使用していましたが、すぐに私たちのプロジェクトに必要不可欠なツールとなりました。」

記事全文を読む
Case Study Evoca

Evoca

相談して

EvocaはMindMeisterとGoogle Apps for Businessを使い、顧客用のコラボレーション知識共有プラットフォームを構築します。

記事全文を読む

MindMeisterの機能の概要

視覚的な知識マッピングツールとして、MindMeisterはチームの集団的知性を収集して保存するための強力な方法を提供します。共同作業することを念頭に置いて設計されているため、マインドマップはリアルタイムで更新されます。つまり、場所やデバイスに関係なく、チームメンバー全員がそのデータにアクセスできます。

リアルタイムコラボレーション

すべてのマインドマップがリアルタイムで更新されるため、場所やデバイスに関係なく、最新のナレッジマップを使用して、チームの最新のアイデア、データ、連絡先をメンバーと共有できます。

魅力的なプレゼンテーション

MindMeisterに内蔵されたプレゼンテーションモードで、あなたのアイデアや知識をチームに発表しましょう。マップをスライドショーに変えることで、ワークショップを視覚的に行えます。

エクスポート、埋め込み、印刷

オフラインの知識共有セッションを開催しますか?ナレッジマップをWord文書またはPDFとしてエクスポートするか、マップを大きく印刷して、知識を共有し、直接コラボレーションすることもできます。

中央にすべてを保管

スプレッドシート、PDF、チャート、デザイン、ビデオ、画像などをナレッジマップに添付して、すべてのリソースを1つの中央ワークスペースにまとめます。

コメントと投票

ナレッジマップ内のコメント機能や投票機能を含む、内蔵型コラボレーション機能を使用して、チームのアイデアにフィードバックします。

計画を実行に移す

ナレッジマップで共有されているアイデアを推し進めようとしていますか?チーム用の統合タスク管理ツールMeisterTaskを使用してチーム計画を実行に移しましょう。


ナレッジマネジメントにマインドマップを使用する

会社のすべての連絡先やワークフローを1か所に安全に保存したい場合や、部署や場所を超えて集合的な知識を共有したい場合にも、視覚的なナレッジマップから始めるといいでしょう。方法は次のとおりです。

グローバルチームと繋がる

すべてのマインドマップがすべてのデバイスにおいてリアルタイムで更新され、すべての知識がクラウド経由で安全に保存されているので、グローバルチームは場所や操作デバイスに関係なく最新の知識やアイデアを常に把握し、最新の情報を得ることができます。

必要な情報を素早く見つける

MindMeisterを使用すると、すべてのドキュメント、スプレッドシート、画像、デザイン、外部リンクなどを中央のナレッジマップに直接添付できます。さらに、直感的な検索機能を備えたMindMeisterにより、必要な知識を素早く簡単に見つけることができます。

私たちのマインドマップは、すべての製品情報を含むナレッジマップと、新しいアイデアを生み出す場所の両方として機能します。新しいアイデアには電球の絵文字を付けておけば、チームメイトがその新しいアイデアを見つけてフィードバックを提供することができます。こうしたアイデアは製品計画会議でフォローアップできます。

Cory Scott, Founder of LiveBy

アイデアを共同で共有する

MindMeisterを使用すると、会社のアイデアを生成するためのマインドマップを作成し、チームメンバーを招待し、商品や事業展開のための提案、デザイン、およびモックアップを追加するよう依頼できます。その後、内蔵型のコラボレーション機能を使用して、チームはアイデアに関するフィードバックをマインドマップ内で直接提供できます。

私たちのマインドマップには、デザインリソースからスポンサーデッキ、プレゼンテーションテンプレートからマーケティング資料まで、すべてが揃っています。 メンバーがマインドマップで必要なものを見つけると、リンクをクリックするだけで、Googleドライブ上のドキュメントに誘導されます。複数メンバーが同時にファイルにアクセスし、ファイル上で共同作業を行い、更新することも簡単です。

Manel Heredero, Founder of Evoca

計画を実行に移す

チームがどのアイデアを推し進めるべきかを決定したら、これらの計画を実行に移すことができます。カンバンスタイルのタスク管理ツールであるMeisterTaskと共にMindMeisterを使用することで、すべての計画を実行可能なタスクに変換し、担当を割り振ることができます。

今すぐ始める

無料のナレッジマッピングソフトウェアに今すぐサインアップして、チームを招待してすぐに始めましょう。

MindMeisterを使い始めよう