マインドマッピング

会議の管理

MindMeisterを使用すれば、共有可能な議題をすばやく作成し、効果的な会議議事録を作成して、簡単に実行可能なタスクに変換できます。

今すぐマインドマッピングを開始する!

または 登録

すべての会議を生産的にする

MindMeisterでマインドマップを使用すれば、詳細なミーティング議題、一目で分かるミーティングのメモ、共有可能なナレッジマップや、実行可能なプロジェクト計画など、すべてを作成できます。統合タスク管理ツールであるMeisterTaskでプロジェクトに変換される前に、リアルタイムで共同編集することもできます。

MindMeisterを使い始めよう

世界中の企業から信頼を集めています

何百万人ものユーザーが生産的なミーティング管理のためにMindMeisterを利用しています。ここに素晴らしいストーリーの一例をご紹介します:

Case Study Biggerplate

Biggerplate

インターネットコミュニティ

BiggerplateはMindMeisterとGoogle Appsを用い、リモートチームを効率的に管理し、会議時間を減らします。

記事全文を読む
Case Study SAP

SAP

コンピューターソフトウェア

「我々は最初、カジュアルにMindMeisterを使用していましたが、すぐに私たちのプロジェクトに必要不可欠なツールとなりました。」

記事全文を読む
Case Study Grupo JHR

Grupo JHR

プロジェクト管理

Grupo JHRはMindMeister, MeisterTask と G Suite apps を用いて、異なるビジネスやオフィス間でのコラボレーションプロジェクトを管理しています。

記事全文を読む

MindMeisterの機能の概要

視覚的なミーティング管理ツールとして、MindMeisterは、世界中の同僚と共にアイデアをブレインストーミング、計画、および実行するための強力な手段を提供します。コラボレーションを念頭に置いて設計されたMindMeisterは、あなたがどこにいても、どのデバイスを使用していても、マインドマップをリアルタイムで更新します。

リアルタイムコラボレーション

会議の出席者を招待して、マインドマップで共に作業しましょう。 MindMeisterを使用すれば、共同アジェンダを作成し、会議中にリアルタイムでマップに追加できます。

魅力的なプレゼンテーション

MindMeisterに内蔵されたプレゼンテーションモードを使用して、会議の計画、戦略、レポートを発表しましょう。ほんの数秒でマップをスライドショーに変換して、会議を視覚的で分かりやすくします。

エクスポート、埋め込み、印刷

オフラインで会議を開催しますか?問題ない!マインドマップをWord文書またはPDFとしてエクスポートしてオフラインでアクセスしたり、マップを大きく印刷して直接共同作業したりすることによって、マインドマップを提示できます。

会議の添付ファイル

スプレッドシート、PDF、チャート、デザイン、ビデオ、画像などを会議のマインドマップに添付して、すべてのリソースを1つの中央マップにまとめて、すぐに共有できます。

コメントと投票

内蔵型のフィードバック機能を使用して、会議の前、会議中、会議後にコラボレーションできます。トピックにコメントを残して、アイデアに投票することができます。

計画を実行に移す

会議中にすべきことについて定義し、誰が担当するのを決定してから、チーム用タスク管理ツールであるMeisterTask内の割り当てられたタスクに変換しましょう。


ミーティング管理のためにマインドマップを使用する

チームのステータスをすばやく更新する場合でも、会社単位の全体ミーティングを開催する場合でも、開催するすべてのミーティングでは会社の時間を有効に活用することが不可欠です。ミーティングを最大限に活用するために、マインドマップを使用することで、共にリアルタイムでブレインストーミング、視覚化、計画、作成を行うことができます。方法は次のとおりです。

効果的な議題を作成する

生産的なミーティング管理の第一歩は、効果的なミーティング議題です。 MindMeisterを使用すると、すべての議題項目を整理し、外部リンクを埋め込み、画像、文書、その他のミーティング資料を1つの中心的なマインドマップに添付して、ミーティング前に出席者に電子メールまたは共有リンクで共有することができます。

ミーティングメモを視覚化する

ミーティング中、たとえ出席者が1つの部屋にいたとしても、離れた場所から遠隔的に参加していたとしても、ミーティングのマインドマップを出席者と共有し、共同作業を行うことができます。すべての変更がすべてのデバイスにわたってリアルタイムで表示されるため、ブレインストーミング、計画、コメント、メモをとることができるのです。

はじめはMindMeisterを試すくらいの気軽な気持ちで使いはじめましたが、すぐに私たちのプロジェクトに必要不可欠なツールとなりました。

Srikanth Rajamani, Business Application Analyst at SAP

ケーススタディの全編を読んでください

知識を共有する

ミーティングが終わったら、共有された知識と決定事項が決して分からなくならないようにしましょう。電子メールまたは共有可能なリンクを介して、出席者やその他の関係者とマインドマップを共有します。ミーティングのマインドマップは、将来の計画のためのバックボーンとして使用でき、すべての外部リンクと添付画像、ドキュメント、およびリソースが一元的に保存されます。

MindMeisterを使用すると、一ヶ所に集まって会議をしている場合でも、異なるオフィスで遠隔的にブレインストーミングをしている場合でも、効率的に会議を開催できます。会議の場において、提案された計画を検討して進めるかどうかについて判断を下さずとも、マインドマップを共有するだけで、共有するアイデアを視覚化することが可能です。それからMeisterTaskを使って計画をタスクに変換し、過程の中でアイデアが失われないようにすることができます。

Adriana Ramirez, Head of Projects at Grupo JHR

ケーススタディの全編を読んでください

会議を行動に変える

良いミーティングは、終わったときに具体的な成果と今後のタスクが残ります。ミーティング中に決定した事柄が確実に実行されるように、カンバンスタイルのタスク管理ツールであるMeisterTaskと共にMindMeisterを使用して、すべての計画をタスクに変換し、担当を割り振りましょう。

今すぐ始める

無料のミーティング管理ソフトウェアに今すぐサインアップし、共有可能なリンクを使って参加者を招待し、すぐに始めましょう。

MindMeisterを使い始めよう