コミニティー活動 協力者募集 &ちょっとメールマーケティング

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
コミニティー活動 協力者募集 &ちょっとメールマーケティング by Mind Map: コミニティー活動 協力者募集 &ちょっとメールマーケティング

1. 司令

1.1. 活動に協力すると

1.2. アンケートに答えてくれた人に向け

1.3. メール送るから文面つくって

2. サンプル

2.1. doorkeeper

2.1.1. JJUG CCC

2.1.1.1. 登壇・LT

2.1.1.1.1. JJUG CCC 2017 Fall CfP募集開始のお知らせ

2.1.1.2. スタッフ

2.1.1.2.1. スタッフ募集

2.2. connpass

2.2.1. 個人

2.2.1.1. イベント案内

2.2.1.1.1. 山川広人さんの「ちとせプログラミング教室」

2.3. オリジナル

2.3.1. 企業

2.3.1.1. NEWS

2.3.1.1.1. Vorkers 働きがいのある 企業ランキング

2.3.1.2. イベント案内

2.3.1.2.1. shoeishaid_support.html

3. セグメント・特典

3.1. ことはじめ

3.1.1. 喋りたい

3.1.1.1. 分類

3.1.1.1.1. LT

3.1.1.1.2. 登壇

3.1.1.1.3. あんまりはっきりわけなくていい

3.1.1.2. 目的

3.1.1.2.1. 〇〇コンテンツもっている

3.1.1.2.2. 与えられたテーマに合わせて喋りたい

3.2. セグメント別

3.2.1. 登壇

3.2.1.1. 勉強会

3.2.1.1.1. セミナーのオファーにつながる

3.2.1.1.2. 仕事の宣伝につなる

3.2.1.1.3. 有償セミナー

3.2.1.2. LTの参加

3.2.1.2.1. ロールモデルに近づける

3.2.1.2.2. スキルや成果物のアウトプットの場を得られる

3.2.1.2.3. 分野が分散するとあつめずらい

3.2.2. 初学者の学習フォロー

3.2.2.1. 勉強会のコーチ

3.2.2.1.1. 特典教える技術UP

3.2.2.1.2. メンターになる

3.2.2.2. プチ勉強会

3.2.2.2.1. 一人だと手が進まない。複数人でやろう

3.2.2.2.2. 教える側も使命感で手が進む

3.2.3. 運営

3.2.3.1. イベント全般

3.2.3.1.1. 普段出会えない人とつながれる

3.2.3.1.2. コミュニティー運営体験

3.2.3.1.3. 学生の場合、開発現場の人と交流しやいすい

3.2.3.2. バーカウンター

3.2.3.2.1. 趣味のカクテルの勉強

3.2.3.2.2. 接客の練習

3.2.4. とりあえず話聞きたい

3.2.4.1. (定員オーバー時でも)スタッフ枠の提供

3.2.4.1.1. そのかわりちょっとお手伝い

3.2.4.2. もくもく会への参加を促す

3.2.4.2.1. 同業種/異業種間の交流

4. テンプレ

4.1. 差出人

4.1.1. 差出人名

4.1.1.1. 〇〇協力者募集!!

4.1.2. メールアドレス

4.1.2.1. [email protected]***.com

4.1.2.2. [email protected]***.com

4.1.2.3. [email protected]***.com

4.2. 件名

4.2.1. 前半

4.2.1.1. あなたも〇〇できる!

4.2.1.2. 初LT体験してみる?

4.2.1.3. 【残り4日】人気の〇〇

4.2.1.4. 〇〇%OFF!

4.2.2. 後半

4.2.2.1. 〇〇者の募集!!

4.3. 本文

4.3.1. 書き出し

4.3.1.1. 〇〇様へ

4.3.1.2. ○○新米スタッフの〇〇(@〇〇〇〇〇)です!

4.3.1.3. 〇〇イベントに参加頂きありがとうございました!

4.3.1.4. 今回は〇〇でしたねー。ココ(↓)でもこんな意見ありました。

4.3.1.4.1. ※ツイートのリンクorはめ込み

4.3.2. 前半

4.3.2.1. ○○では〇〇してくださる方を絶賛募集中です。

4.3.2.2. 〇〇なんて・・・と思いました?

4.3.2.3. あなたにピッタリの〇〇があります。(なんか健康食品のCMぽいですが笑)

4.3.2.4. こんな〇〇を用意しておりますので、〇〇な方でも簡単に初めの一歩を踏み出すことができます。

4.3.2.5. 一歩踏み出すと、〇〇なことを体験できます。また〇〇にもつながります。

4.3.3. 中盤

4.3.3.1. たとえば、〇月〇日に、〇〇さんという方が、はじめて〇〇しました。

4.3.3.1.1. ※コンパスのリンク。ダミーイベント、社内イベントでもよい。

4.3.3.2. レポート有りますのでよろしければ参考に!

4.3.3.2.1. ※レポートのリンクorはめ込み

4.3.4. 後半

4.3.4.1. 全く興味がなかったらごめんなさい。m(_ _)m

4.3.4.2. 他にも〇〇や〇〇、〇〇なども募集中してます!

4.3.4.2.1. ※募集内容のリンクorはめ込み

4.3.4.3. 不安な場合は私も全力でサポートさせていただきます。

4.3.5. しめ

4.3.5.1. まずは気軽に返信ください。

4.3.5.2. もしくは〇〇にツイートやDMください。

4.3.5.2.1. ※アカウントのリンク

4.3.5.3. Facebookやコンパスでも募集しています。

4.3.5.3.1. ※アカウントのリンク

4.3.5.4. ※Twitter、Facebook、Compass ボタン

4.3.5.4.1. ※ホームページのリンク

4.3.5.5. 最後までお読みいただきありがとうございました。

4.3.5.6. それでは壇上でお会いしましょう!

5. 対策

5.1. 送信時間

5.1.1. 通勤中?

5.1.2. 昼休み?

5.1.3. 帰宅中?

5.2. 誘導先

5.2.1. メールの返信

5.2.1.1. 双方向性あり

5.2.2. SNS

5.2.2.1. Twitter

5.2.2.1.1. 敷居低い

5.2.2.2. Facebook

5.2.2.2.1. 友達登録の壁?

5.2.2.3. LINE

5.2.2.3.1. 友達登録の壁?

5.2.3. connpass

5.2.3.1. 敷居低い

5.2.4. ホームページ

5.2.4.1. 双方向性ない

6. トレンド

6.1. メールは死んだ

6.1.1. 25歳以下はSNS

6.2. メールはゴキブリ

6.2.1. SlackカルCTO

6.2.1.1. メールと同じことも得られるが、

6.2.1.1.1. それ以上に透明性が確保されている。

6.2.1.2. 。一番最初に読むべきメッセージも

6.2.1.2.1. 抽出して読むことができる

6.2.1.3. 日本ではスタンプが非常に人気

6.3. メールマーケティング

6.3.1. メールマーケティングの基礎

6.3.1.1. 心理的距離が遠い→メール →心理的距離近づける→メッセンジャーGW

6.3.2. メールの開封率を上げる

6.3.2.1. 3つのキーポイント

6.3.2.1.1. お客さんのシチュエーションと心理を把握する

6.3.2.1.2. 「差出人名」

6.3.2.1.3. 「メールの件名」

6.3.2.1.4. 「メールの書き出し」

6.3.3. 370億通の配信データが明らかにする、最新メール活用法

6.3.3.1. メールに求められる4つの要素

6.3.3.1.1. デザイン

6.3.3.1.2. 内容

6.3.3.1.3. 文脈化

6.3.3.1.4. グローバリゼーション

6.3.3.2. その他

6.3.3.2.1. 日本では

6.3.3.3. メールの到達率を上げるために確認したい3つのポイント

6.3.3.3.1. 接点の開拓

6.3.3.3.2. 関係の構築

6.3.3.3.3. 関係の終結

6.3.4. その他

6.3.4.1. 無料プレゼント

6.3.4.1.1. 単なるおみくじでも

6.3.4.2. 送信先ごとのカスタマイズ

6.3.4.2.1. 名前の挿入だけでなく

6.3.4.3. SendGrid

6.3.4.3.1. 構造計画研究所

6.3.4.3.2. キクタローさん

6.4. HTMLメール

6.4.1. HTMLメールの作成・送信の注意点は?

6.4.2. 料金プラン- Zohoキャンペーン

7. 対象者

7.1. 登壇

7.1.1. 勉強会

7.1.2. LTの参加

7.2. 初学者の学習フォロー

7.3. 運営

7.3.1. イベント全般

7.4. とりあえず話聞きたい

8. 構成要素とポイント

8.1. 差出人

8.1.1. 差出人名

8.1.1.1. 個人名入れる

8.1.1.2. 伝えたい事がわかるようにする

8.1.2. メールアドレス

8.1.2.1. 上記を英語にしたも

8.2. 件名

8.2.1. 前半

8.2.1.1. インパクト

8.2.1.2. 釣り

8.2.2. 後半

8.2.2.1. 伝えたいことを一言で

8.3. 本文

8.3.1. 書き出し

8.3.1.1. 送信先を個人名にする

8.3.1.2. 差出人の個人名で挨拶

8.3.1.2.1. アカウントでだれかわかるように

8.3.1.3. イベント参加のお礼

8.3.1.3.1. いつのどのイベントか書く

8.3.1.3.2. アンケート結果から共感コメントを添える

8.3.2. 前半

8.3.2.1. 目的・結論を書く

8.3.2.2. 敷居が低いことをアピール

8.3.2.3. 動機づけ要因を書く

8.3.2.3.1. 何ができるか

8.3.3. 中盤

8.3.3.1. 経験談

8.3.3.1.1. 低めのロールモデルとなる人を紹介する

8.3.4. 後半

8.3.4.1. セグメントが外れたとき対応

8.3.4.1.1. 他の関わり方を簡単に紹介

8.3.5. しめ

8.3.5.1. 誘導

8.3.5.1.1. 敷居のひくい入り口を複数用意

8.3.5.2. 呼んでくれたお礼

8.3.5.3. 最後にインパクトあるひとこと

8.3.6. 全体

8.3.6.1. 長すぎず

8.3.6.1.1. リズミカルに

8.3.6.2. デザイン

8.3.6.2.1. レスポンシブ

8.3.6.2.2. マテリアル

9. 振り返り

9.1. だれかとブレインストーミングしながらマップ作りたい

9.2. 今回と同じことを別のコミュニケーションツール(SNS等)でも同様に実施したい

10. 次のアクション

11. レビュー

12. リアクション対応

12.1. 返信メール

12.1.1. お礼のことば

12.1.2. お会いするアポイントの取得

12.1.3. SMS・チャットへの誘導