TATA Consultancy Service Japan

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
TATA Consultancy Service Japan by Mind Map: TATA Consultancy Service Japan

1. Why TCSJ?

1.1. どの国の人でも巻き込めるようなリーダーになりたい

1.1.1. 三種の神器

1.1.1.1. - IT

1.1.1.2. - 英語

1.1.1.3. ‐ 会計

1.2. Gateway to Globalization ― 業種やビジネスの拠点問わず、競争力を高めるパートナー」

1.3. グローバルリーダーになるためにはITとの関係は必要不可欠

1.4. 日本の2~3年のブランクを埋めるためには御社のようなグローバルな「知」へのアクセスが必要

1.5. 世界中から来たプロフェッショナルな先輩方と働きながら、「知」へアクセスすることで自らのスキルを伸ばし、変革を起こすお手伝いをできるリーダーになる

1.6. SEでの経験を通してだからこそ、お客様へ確実な課題解決が提案できる

1.7. Interested in: 試験・教育業界向けサービス(iON Education)

1.7.1. 教室に限定されない学習活動:Ex:ホームスクーリング(Nerina)デジタルラーニング

1.7.2. 教員のストレスを軽減・職員の業務を自動化・効率化

1.7.3. Ex: 生徒と先生の相性が合わない場合:Khan Academyを使用しオンラインラーニングを活用していた経験・復習可能

1.7.4. 将来:学校にいけない子供でも授業を受講できる時代→将来の可能性が広がる

2. Why IT!?

2.1. 時代の流れを知るにはITの知識が必要な時代

2.2. ITを学ぶことで世界の見え方が変わる

2.3. Ex: During my programming class

2.3.1. 変なホテルの研究:プログラミングされたロボットを使うことで、人がすることをITで帰ることにより効率化(現状従業員6人・144部屋数)

3. Why System Engineer!?

3.1. クライアントの要望に自分自身で応えることができるようになる

3.1.1. Ex: ホームページ作成の際:友人のホームページ作成に協力:独学&大学で学ぶ→ 大小文字を間違えるだけで作動しないが。勉強しても不完全燃焼→ 目的を達成するためには仕組みを学ぶ必要があると感じた

3.1.2. 御社でSEとして必要なスキルを熟知し、素早くプログラミングを行えるようになりたい

3.1.2.1. WHY!? スキルを身に着けたいのか?

3.1.2.2. 問題解決能力の効率化・向上

3.1.2.2.1. Ex:紙とExcelの違い

3.1.2.3. Be logical

3.1.2.3.1. 目的を達成するためにはどの仕組みを活用し、選択し、実現可能か

3.1.2.4. 情報化社会に対応できる

4. 私の10年プラン

4.1. 0年目

4.1.1. 事前に取得すべき資格を確認・年内に取得可能ならば勉強

4.2. 1年目

4.2.1. 研修期間・SEとしての仕事を学び、先輩方の「知」へアクセス

4.3. 2年目-3年目

4.3.1. SEとしての仕事・1.5年でメンターから卒業・グローバルプロジェクトでの仕事:先輩方がどうグローバルなビジネスの場で働くのかを吸収

4.4. 3年目‐5年目

4.4.1. SEとしての基盤を固める・資格を取得・必須研修を通しスキルアップ・グローバルビジネスチームの中で自分の経験を活かし、リーディングアクターになる

4.5. 5年‐8年目

4.5.1. ITコンサルタントの道へ志望(職種別選抜研修に参加)・SEとして蓄積した知識や世界の仲間と働きながら、プロジェクトを成功に導く

4.6. 8-10年目

4.6.1. コンサルタントとして、プロジェクトをマネージできるようになる・チーム一人一人の力を一番良い状態にもって行き、お客様の課題解決へ導く・Leadership Development Programに参加

4.7. Why IT Consultant!?

4.7.1. 人との関わり

4.7.1.1. 多種多様な人と関わることで、自分の「知」を広げる

4.7.2. 常に問題解決に向けてのチャレンジ

4.7.3. Up to Date

4.7.3.1. 毎日が勉強