観光客が、”awareness & instruction”を

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
観光客が、”awareness & instruction”を by Mind Map: 観光客が、”awareness & instruction”を

1. 観光客がつながる:わらしべ長者

1.1. スタンプラリーのよう:インタラクション無

1.2. ジオキャッシング:インタラクション有

1.2.1. 探すことが楽しい

2. キャンペーンする

2.1. 全員もらえる

2.1.1. する by So-hei

2.2. 抽選

2.2.1. しない by So-hei

2.3. 配る

2.3.1. レッドブル方式

2.3.1.1. ジュースを飲める=食欲を満たせる

2.3.1.2. キレイなお姉さんと話せる=性欲を満たせる

3. 買う

3.1. 商品

3.1.1. コップ

3.1.2. ステッカー

3.1.3. バッチ

3.1.4. マグネット

3.1.4.1. 見る方向によって異なる景色

3.1.5. 災害トランプ

3.1.5.1. 災害トランプ

3.1.5.1.1. 世界の災害シリーズ

3.1.5.2. 災害カルタ

3.1.6. ペットボトル

3.2. サービス

3.2.1. 災害インストラクター

4. 観光客が見る

4.1. いつ

4.1.1. 待ち時間

4.1.1.1. 待ち時間ができるプロセス

4.1.1.1.1. 1)待ち合わせ場所へ行く

4.1.1.1.2. 1)から2)までの時間

4.1.1.1.3. 2)持ってきたもので時間をつぶす

4.1.1.2. 物理的

4.1.1.2.1. 電車

4.1.1.2.2. バス

4.1.1.2.3. トイレ

4.1.1.2.4. レストラン

4.2. どういう方法で:what

4.2.1. 視覚

4.2.1.1. お菓子の包装

4.2.1.2. レシート

4.2.1.2.1. 宝くじになる

4.2.1.2.2. 「何かあったら困るから必ずレシートを受け取ってもらうようにしている」 by 店員さん

4.2.1.2.3. 予約表+同じジャンルの新作商品一覧を添付 by So-hei

4.2.1.2.4. ソーシャルチップ:クレジット決済時に被災地へのチップ額を書き込む

4.2.1.2.5. 何かあったら困るから、必ず受け取るようにしている。(西山)

4.2.1.3. 標識

4.2.1.3.1. 世界標準標識が導入中

4.2.2. 聴覚

4.2.2.1. 音楽

4.2.2.2. 放送

4.2.2.2.1. サイレン

4.2.2.2.2. 避難警報

4.2.2.3. CM

5. 肌で感じる

5.1. 肌で感じる方法:運動感覚/平衡感覚

5.1.1. 写真スポットが揺れる

5.1.1.1. 台車に乗る

5.1.1.2. バランスボール

5.1.2. 災害体験スポット

5.1.3. 看板に自分の顔が映る

5.2. 特徴

5.2.1. 自然と笑顔を作れる場所

5.2.2. 人が集まる:人を集めるプロセス

5.2.2.1. 売店

5.2.2.1.1. 情報はりつけ

5.2.2.2. ベンチ

5.2.2.2.1. ナプキン

5.2.2.3. 撮影した写真をみんなで見る

5.2.3. 写真を撮る

5.2.3.1. 顔を突っ込む写真ボード

5.2.3.2. 写真を撮るまでのプロセス

5.2.3.3. 写真立て

5.2.4. 自然と笑顔になる

5.2.5. 知らない人に簡単に声をかけられる

5.2.5.1. 写真をとってもらう

5.2.6. ちょっと恥ずかしい思いをしてみたい:旅の恥はかき捨て

5.2.7. 人の高さ+30cmが目立つ

5.3. 観光地の利点

5.3.1. ひったくりが減る

5.3.2. 街がきれいになる

5.3.3. 友人ができやすい

5.4. 例

5.4.1. 道頓堀:グリコ前

5.4.1.1. グリコのポースをとる

5.4.1.2. 写真位置を丸で囲む

5.4.1.3. 観光ブック:「必見」と書いてあるがどんな価値があるのか?