ソーシャルコマース

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
ソーシャルコマース by Mind Map: ソーシャルコマース

1. 学んだこと

1.1. ソーシャルメディアとは

1.1.1. 友達など特定の範囲に情報を気軽にシェアできる

1.1.2. 興味関心で集まることできる

1.1.3. 情報収集を効率化できる

1.2. ソーシャルメディアによってビジネスは変わる

1.2.1. 可視化される個人情報を活用できる

1.2.2. ユーザー間のコミュニケーションが販売チャンスになる

1.2.3. 生活者とのコミュニケーションが取りやすくなる

1.3. ソーシャルコマースによって得られる私達「買い手」のメリット

1.3.1. 自分に合ったショッピング情報が届くようになる

1.3.2. クチコミの力で、より賢く買い物ができるようになる

1.3.3. 「売り手」ともっとつながることができる

1.4. F-Commerce最新動向

1.4.1. FacebookアプリとしてEC機能を提供(Facebook Stores)

1.4.1.1. Payvment

1.4.1.1.1. 利用は基本無料

1.4.1.1.2. 追記機能は有料

1.4.1.1.3. 導入実績

1.4.1.1.4. 海外展開ではオススメ

1.4.1.2. ASOS

1.4.1.2.1. UI及びUXに強い

1.4.1.2.2. シェア機能が充実

1.4.1.2.3. 決済は外部サイトに飛ばすさずにFacebook内で完結

1.4.1.2.4. ユーザーセグメントに合わせて表示する商品をカスタマイズできる

1.4.1.3. SocialGateway

1.4.1.3.1. 無料版

1.4.1.3.2. 有料版

1.4.2. O2Oコマース

1.4.2.1. 背景

1.4.2.1.1. オフラインでの購買時に、オンラインの情報の影響を受けることが増えている

1.4.2.1.2. オンラインで獲得した顧客(Facebookのファンなど)を実店舗に呼び込む技術が登場している

1.4.2.1.3. オフラインで発生するショッピング関連情報を、オンラインの世界に繋げる技術が登場している

1.4.2.2. 事例

1.4.2.2.1. チェックインクーポン

1.4.2.2.2. QRコード

1.4.2.2.3. NFC

1.4.3. 注目スタートアップ

1.4.3.1. 海外

1.4.3.1.1. Etsy

1.4.3.1.2. Shopkick

1.4.3.1.3. Decide

1.4.3.2. 国内

1.4.3.2.1. FlutterScape

1.5. F-Commerceの種類

1.5.1. F-Commerce

1.5.1.1. FacebookページにPayvmentやSocialGatewayといったアプリを導入し、ショッピングをできるようにする

1.5.2. my Rakuten,Uniqlooksタイプ

1.5.2.1. Facebookと既存のコマースサイトを連携させる

1.5.3. O2Oタイプ

1.5.3.1. Facebookと店舗を連携させる

1.6. 展開にあたってのポイント

1.6.1. プラットフォームレイヤー

1.6.1.1. Facebook

1.6.1.1.1. ON Facebook

1.6.1.1.2. OFF Facebook

1.6.2. 事業者レイヤー

1.6.2.1. ファンとの関係性を構築

1.6.2.1.1. ウォール

1.6.2.2. 成果指標

1.6.2.2.1. KGI

1.6.2.2.2. KPI

1.6.2.3. 運用体制

1.6.2.3.1. 担当者は最低1名

1.6.2.4. 海外展開

1.6.2.4.1. 多言語対応

1.6.2.4.2. 配送

1.6.2.4.3. 参考

1.6.2.5. 効果測定

1.6.2.5.1. 設計導線

1.7. 国内事例

1.7.1. 事業者レイヤー

1.7.1.1. BAD LAND

1.7.1.1.1. 運用

1.7.1.1.2. Facebookユーザー

1.7.1.1.3. 問い合わせ

1.7.1.1.4. 海外顧客への対応の課題

1.7.1.1.5. 問い合わせの多い地域

1.7.1.1.6. 問い合わせの多い年齢層

1.7.1.1.7. 集客方法

1.7.1.1.8. 今後の展開

1.7.1.2. RICE FORCE

1.7.1.2.1. 決済

1.7.1.2.2. 配送

1.7.1.2.3. 海外向けの展開に関しての販売件数やトラフィック

1.7.1.2.4. 海外展開の言語対応の負荷について

1.7.1.2.5. 失敗談

1.7.1.2.6. 今後の展開

1.7.1.3. iQON

1.7.1.3.1. 国内と海外のユーザーの属性

1.7.1.3.2. 機能

1.7.1.3.3. アジア展開

1.7.1.3.4. トラフィック

1.7.1.3.5. 運用

1.7.1.3.6. 海外ユーザーと国内ユーザーの違いは?

1.7.1.3.7. 言語対応

1.7.1.3.8. 集客

1.7.1.3.9. 今後の展開

1.7.1.4. アラタナ

1.7.1.4.1. SocialGateWay

1.7.1.5. リトルムーン

1.7.1.5.1. 集客

1.7.1.5.2. 既存ECサイトへの影響

1.7.1.5.3. 今後の予定

1.7.1.6. 漫画全巻ドットコム

1.7.1.6.1. 海外にウケていること

1.7.1.6.2. プラットフォーマーを目指す

1.7.1.6.3. 運用

1.7.1.6.4. 販売

1.7.1.6.5. 海外展開の制約

1.7.1.6.6. 集客

1.7.1.6.7. イベント

1.7.1.6.8. 将来的に

1.7.2. プラットフォームレイヤー

1.7.2.1. bidders

1.7.2.1.1. ソーシャルコマースに必要なこと

1.7.2.1.2. アジア圏参入の課題

1.7.2.1.3. 目標

1.7.2.2. paperboy&co

1.7.2.2.1. ソーシャルコマースへの見解

1.7.2.2.2. 注目しているサービス

1.7.2.3. Yahoo! Japan

1.7.2.3.1. ソーシャルコマースの位置づけ

1.7.2.3.2. スマホを重視

1.7.2.3.3. 店舗側に求めること

1.7.2.3.4. 注目しているサービス

1.7.2.3.5. ソーシャルコマースに向くアプローチ

1.7.2.3.6. 海外展開の支援

1.7.2.3.7. 国内でブレイクする時期

1.7.2.4. 楽天市場

1.7.2.4.1. 楽天S4

1.7.2.4.2. Shop Together

1.7.2.4.3. 国内でブレイクする時期

1.7.2.4.4. 参考にしている事例

1.7.2.4.5. 海外展開

1.7.2.4.6. 今後の展開

1.7.2.5. mixi

1.7.2.5.1. ソーシャルコマースへの取り組み

1.7.2.5.2. 自社事例

1.7.2.5.3. ソーシャルコマースの鍵

1.7.2.5.4. mixiページ

1.7.2.5.5. 今後の展開

2. SamuraiArtに活かせるベストプラクティス要素

2.1. F-Commerceアプリ候補

2.1.1. 直近では

2.1.1.1. Social Gateway

2.1.1.2. payvment

2.1.2. 将来的に

2.1.2.1. ASOS

2.2. 運営参考モデル

2.2.1. Etsy

2.2.1.1. ユーザーと対話型で商材を売る

2.3. F-Commerceモデル

2.3.1. ON Facebook型

2.3.1.1. Facebook内で全て完結

2.3.1.1.1. 決済も含めて

2.4. 成果指標

2.4.1. KGI

2.4.1.1. 自社の売上増加

2.4.2. KPI

2.4.2.1. 既存顧客の単価アップ

2.4.2.2. 販売個数アップ

2.4.2.3. リピート率向上

2.4.2.4. 新規(潜在)顧客の獲得

2.4.2.5. Cost Per Fan (ファン獲得コスト)

2.5. 運用体制

2.5.1. EC担当者は最低1名

2.5.1.1. ハードル

2.5.1.1.1. 販売者のリテラシー向上

2.5.1.1.2. 作業工数削減

2.5.1.1.3. 担当者のセンス

2.6. 海外展開

2.6.1. 多言語対応

2.6.1.1. 自動翻訳ツール

2.6.2. 配送

2.6.2.1. EMS

2.6.3. キャンペーンを定期に実施

2.7. 商品

2.7.1. Samuraiイラスト画集

2.8. 今後の立ち位置

2.8.1. 「SamuraiArt」がadminとなりファンの方に国内の商品・サービスの目利きをしていくプラットフォーマー

2.8.2. 自社商品以外の外部の会社の商品の取り扱い

2.8.3. 国内のJapanARTの販売業者の社長を集めてポータルサイトのような会社横断で情報発信する場の提供

2.8.4. 広告媒体