Create your own awesome maps

Even on the go

with our free apps for iPhone, iPad and Android

Get Started

Already have an account?
Log In

ソーシャルコマース by Mind Map: ソーシャルコマース
0.0 stars - reviews range from 0 to 5

ソーシャルコマース

学んだこと

ソーシャルメディアとは

友達など特定の範囲に情報を気軽にシェアできる

興味関心で集まることできる

情報収集を効率化できる

ソーシャルメディアによってビジネスは変わる

可視化される個人情報を活用できる

ユーザー間のコミュニケーションが販売チャンスになる

生活者とのコミュニケーションが取りやすくなる

ソーシャルコマースによって得られる私達「買い手」のメリット

自分に合ったショッピング情報が届くようになる

クチコミの力で、より賢く買い物ができるようになる

「売り手」ともっとつながることができる

F-Commerce最新動向

FacebookアプリとしてEC機能を提供(Facebook Stores), Payvment, 利用は基本無料, 追記機能は有料, 毎月29.95ドル, 導入実績, 6万ページにインストール済み, 海外展開ではオススメ, ASOS, UI及びUXに強い, シェア機能が充実, 友達招待, 気に入った商品を友達とシェア, 決済は外部サイトに飛ばすさずにFacebook内で完結, ユーザーセグメントに合わせて表示する商品をカスタマイズできる, SocialGateway, 無料版, 有料版

O2Oコマース, 背景, オフラインでの購買時に、オンラインの情報の影響を受けることが増えている, オンラインで獲得した顧客(Facebookのファンなど)を実店舗に呼び込む技術が登場している, オフラインで発生するショッピング関連情報を、オンラインの世界に繋げる技術が登場している, 事例, チェックインクーポン, Foursquare, Facebook, QRコード, Tesco, QRコードで商品を注文, Diesecl, QRコードとFacebookの「いいね!」を連動, NFC, Coca-Cola「Real Life Like」, NFC付きの端末をかざすだけでオフライン「いいね!」, Google, Google Wallet, 将来像, 購入者, 端末にタッチするだけでチェックイン割引が受けられる, 商品を購入したことをワンタッチでFacebookの友達に共有する, 各店舗のポイントカードが全てアプリ一つに収まる(住所変更なども自動で反映), 購入履歴を自動でEvernoteや家計簿アプリなどに記録できる, 販売者, 購入者のFacebook, TwitterIDなどを自動で蓄積する(ソーシャル顧客管理), ポイントカードをデジタル化できる(顧客管理), 購入者のオンラインクチコミを促進できる

注目スタートアップ, 海外, Etsy, 人間的ECサイト, キュレーター, 特徴, 作り手と買い手のコミュニケーション, ヒトの温かさを感じる, Shopkick, 音でチェックイン, Decide, 高度な情報解析で商品の買い時を判断するサービス, 国内, FlutterScape, 日本のプロダクトを世界に販売, ONE PIECEのiPhoneケースなど海外で手に入れることができない商品が売れる

F-Commerceの種類

F-Commerce, FacebookページにPayvmentやSocialGatewayといったアプリを導入し、ショッピングをできるようにする

my Rakuten,Uniqlooksタイプ, Facebookと既存のコマースサイトを連携させる

O2Oタイプ, Facebookと店舗を連携させる

展開にあたってのポイント

プラットフォームレイヤー, Facebook, ON Facebook, 取引がFacebook内で行われる, Facebook Stores, Facebook Credits, OFF Facebook, 自社のECサイトやショッピングモールへの出店店舗で行われる, 集客導線, ファンとのコミュニケーションの場, Facebook Open Graph, Facebook In-Store Retail, Facebook Check-in Deals

事業者レイヤー, ファンとの関係性を構築, ウォール, ファンが目の前にいるようなリアルな感覚が必要, 写真や動画が効果的, 成果指標, KGI, 自社の売上増加, KPI, 既存顧客の単価アップ, 販売個数アップ, リピート率向上, 新規(潜在)顧客の獲得, Cost Per Fan (ファン獲得コスト), 運用体制, 担当者は最低1名, 海外展開, 多言語対応, 自動翻訳ツール, 誤訳, Facebook内のユーザーはそこまで気にしていない?, 配送, EMS, 取引量が数百万円程度なら効率的, 数数千万円超えた場合は、要検討, http://www.post.japanpost.jp/int/ems/index.html, 発送作業, 専業会社, 1商品数百円で対応可能, 参考, キャンペーン時, 1.5倍〜5倍の売上, MAXで一度の購買で10万〜20万の購入する事例もある, 効果測定, 設計導線

国内事例

事業者レイヤー, BAD LAND, 運用, テーマがバイクばかりで飽きてくるので、ここでページの「adminの存在」が浮き彫りになってくると思います。 adminはその人の価値観・目線をベースにして投稿もユーザーからのリアクションも行われファンの方にも非常に大きな影響を与えています。, adminの存在=ページのブランド価値, Facebookユーザー, 最近感じるのは、FacebookユーザーはFacebook外のサイトに出るのは腰が重いのではないという点です。 トラフィックを見てもそうですが、基本的にFacebookの中に留めておき、ワンストップで提供するのが良いのではにかと思っています。, 問い合わせ, 同業からの取引の依頼や個人からのカスタマイズ依頼はメールで届きます。, 海外顧客への対応の課題, バイク自体の輸送コスト, 輸送コストの算出, 問い合わせの多い地域, 東南アジア, アメリカ, 問い合わせの多い年齢層, 国内に比べて比較的若い, 集客方法, 15万人まではFacebook広告, 15万人を超えてからは自然にファンが増える, 今後の展開, 「BAD LAND」がadminとなりファンの方に国内の商品・サービスの目利きをしていくプラットフォーマー, 自社商品以外の外部の会社の商品の取り扱い, 国内のハーレーのカスタマイズを行う同業者の社長を集めてポータルサイトのような会社横断で情報発信する場の提供, 広告媒体, RICE FORCE, 決済, Facebook内で完結, 第一に考えたのは、お客様へのユーザビリティへのケア, 複数通貨への対応済み, 配送, アメリカへの発送はアメリカの拠点から, 他地域は、本社の香川県からEMSで発送, EMS, 他の法人サービスよりも手続きが簡単なので、オススメ, 注意点, お客様が不在だった際や購入時の発送先住所が誤っているいる場合です。日本に戻ってきてしまったり、誤送されてしまう。, 購入者住所と発送先住所が異なる場合には、オペレーションとして間違わないように注意することが必要, 海外向けの展開に関しての販売件数やトラフィック, Facebook経由の購入は増えている, 海外向けに月1回程度、送料無料や限定商品等の特典を付けたキャンペーンを実施, 効果は通常時の約1.5倍の件数, ピークは5倍, 客単価も約1.5倍〜2倍, キャンペーン最終日に駆け込みがすごかった, 海外展開の言語対応の負荷について, 内部人員で対応, スペルが間違っていることを意識する積極的なコミュニケーションができないので、不安は残ってもいいから積極的なコミュニケーションを心がける, 今後は11カ国に対応した自動翻訳アプリケーションと連携, 失敗談, 化粧品の成分についてのコミュニケーションがあったのですが、国の文化によってまったく考え方が違った。, 今後の展開, 言語及び国別の対応ができる内部体制を整える, 国内, モバイルデバイスでの特色を出す, mixiなど複数のプラットフォームへの展開, iQON, 国内と海外のユーザーの属性, 国内, 東京都内在住, 30歳前後の女性, 海外, 18〜24歳が85%, アジア圏, 日本との可処分所得が違い過ぎる, 日本の商品へコンバージョンさせるアフィリエイトビジネスは成立しない, ユーザーログのデータを蓄積してアジア圏の現地企業と連携していく, 機能, Facebook Connectと連携してサイトに投稿した内容がそのままFacebookに投稿されるようにしている, アジア展開, 多言語対応, Facebookアプリケーションで充実した機能を実装して展開, トラフィック, Facebook経由ユーザーの1ユーザーあたりの消費PV数は一般ユーザーの2倍以上, 運用, 4名で別業務との兼務, 「宣伝しなくていい」, というルールの元運営している, 海外ユーザーと国内ユーザーの違いは?, 全くない, コンテンツの特性, 「日本の●●が好き」なのか「●●が好きで、その中で××が好き」なのかの違い, 当社は前者に該当, 言語対応, 日本語を英語にしても、効果の違いは全くなかった, 「写真」ここしか見ていない, 一貫して日本語で投稿している, 集客, Facebook広告, 今後の展開, 先回り・先行投資, スマートフォン対応, アラタナ, SocialGateWay, 導入2000社, リトルムーン, 集客, Facebook広告, 現在はより効果が高いアジアに絞って配信, CTR0.1%~0.15%, 0.1%を割ると広告内容を変更, KPI, いいね!数, コメント数, 既存ECサイトへの影響, 友達に薦めてくれることが増えた, 今後の予定, 個別の商品ごとにLikeできるようにする, 海外対応, 単価の高いFacebook限定商品の販売, 漫画全巻ドットコム, 海外にウケていること, 一般には出ていない日本文化を漫画という切り口から紹介, 最新刊情報等はさほど話題にならない, ユーザーが自分で書いたイラスト, キャラクター投票, 「絵」, 漫画のタイトルカバー表側, プラットフォーマーを目指す, DVDの陳列を強化, 外部の方々との連携を強める, 例, ホームセンターてんこ, 全巻購入すると、限定イラストがもらえるなど, 広告媒体, 運用, 1名, ファン数を増やしたい、盛り上げたい、収益を上げたいという点は表に出しすぎない, 販売, どうしてもAmazonに勝てない, DVDを全巻販売で差別化を図っている, 海外展開の制約, 出版業界や小売業の制約, 電子書籍と同じ課題, 集客, Facebook広告で9万人まで増やした, 9万人以降はバイラル, ファンの属性, ベネズエラ, メキシコ, フィリピン, アメリカやフランス等先進国は我々以外の会社が既に現地参入して、情報がいきわたっている, イベント, JapanEXPO, 漫画の最新刊は売れない, 画集等は売れた, 将来的に, ユーザー個人の本棚

プラットフォームレイヤー, bidders, ソーシャルコマースに必要なこと, 今までなかった買い方の提供, アジア圏参入の課題, 商品値段が安い, 送料, 目標, スマホでのモールNo.1, paperboy&co, ソーシャルコマースへの見解, 販売者と購入者の間のソーシャル, 販売者がどれだけ労力をかけられるか, ハードル, 販売者のリテラシー向上, 作業工数削減, 担当者のセンス, 購入者同士のソーシャル, レビュー・クチコミを含めた間接的なソーシャルの仕組み, モール側が今後力を入れるところ, 注目しているサービス, Etsy, Yahoo! Japan, ソーシャルコマースの位置づけ, 従来のEC, 自分がお得に、通販を楽しむ〜というシーン, ソーシャルコマース, 友達と一緒に買い物に行く, 友達の影響を受けて衝動買いをする, スマホを重視, 店舗側に求めること, 運用, マーチャンダイジング, 注目しているサービス, 無印良品, 漫画全巻ドットコム, 海外事業者ではモノ系SNS, ソーシャルコマースに向くアプローチ, 「消費」という概念を「消費」「所有」「利用」の3つに分類, 「消費」は友達と共有しない, 「所有」「利用」に属する商品はソーシャルにマッチする, 例, 本を読む, 音楽を聴く, いいワインを飲む, かわいい服を買った, 海外展開の支援, クロスボーダートレーディング, 課題, 通関・税関に未対応, ローカライズ支援, 検討中, 国内でブレイクする時期, Facebook連携のティッピングポイントは?, 現在, FacebookのMAUが1000万人を超えた段階, 基準, トラフィックあるいは取扱高の10〜15%あたり, いつ店舗がフィーチャーフォン対応・スマホ対応・SEO対応したかと同じ水準, 楽天市場, 楽天S4, 楽天が提供するソーシャルコマースサービス, Facebookページ開設数は約4200店舗, 課題, 店舗側のリテラシー, Shop Together, 導入意図, 楽天会員はもっと「会話」したい, セール時間がいつか, プレゼントを送る際に友達と相談したい, 国内でブレイクする時期, 楽天施策が上手くいこと, 楽天市場の4割はレビューを見て購入に至っている, 予測では、5割以上がソーシャルメディアとの関わりの中で購入するという状態になる, 参考にしている事例, ビクトリアシークレットのtwitterを通じたコミュニケーション方法, http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2010/04/post-2f7c.html, 海外展開, 楽天出店店舗の約2割にあたる7000店舗が買い海外発送に対応, 累計で約200の国と地域からの受注実績がある, 今後の展開, 出店店舗がソーシャルメディアやソーシャルコマースに対して、抵抗感を持たない状態を作ること, 出店者=ソーシャルメディア・ソーシャルコマースを扱える人たち, mixi, ソーシャルコマースへの取り組み, 共同消費, 同僚の祝い事にみんなで出しあったり、いわゆる割り勘のようなもの, 共感消費, 信頼するあの人や好きなあの人によるレコメンデーションで物を購入する, 自社事例, mixi年賀状, mixiクリスマス, ギフト商品, ソーシャルコマースの鍵, コストコ, 何人かで一緒に行ってロットの大きいものを分け合うみたいな売り方, mixiページ, 開設数10万件以上, フォロワー最大数, 10万人以上, 今後の展開, 課金の仕組みをサポート

SamuraiArtに活かせるベストプラクティス要素

F-Commerceアプリ候補

直近では, Social Gateway, payvment

将来的に, ASOS

運営参考モデル

Etsy, ユーザーと対話型で商材を売る

F-Commerceモデル

ON Facebook型, Facebook内で全て完結, 決済も含めて

成果指標

KGI, 自社の売上増加

KPI, 既存顧客の単価アップ, 販売個数アップ, リピート率向上, 新規(潜在)顧客の獲得, Cost Per Fan (ファン獲得コスト)

運用体制

EC担当者は最低1名, ハードル, 販売者のリテラシー向上, 作業工数削減, 担当者のセンス

海外展開

多言語対応, 自動翻訳ツール

配送, EMS

キャンペーンを定期に実施

商品

Samuraiイラスト画集

今後の立ち位置

「SamuraiArt」がadminとなりファンの方に国内の商品・サービスの目利きをしていくプラットフォーマー

自社商品以外の外部の会社の商品の取り扱い

国内のJapanARTの販売業者の社長を集めてポータルサイトのような会社横断で情報発信する場の提供

広告媒体