Create your own awesome maps

Even on the go

with our free apps for iPhone, iPad and Android

Get Started

Already have an account?
Log In

『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー 著 by Mind Map: 『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー 著
0.0 stars - reviews range from 0 to 5

『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー 著

この本を読む目的:

これから先の人生を豊かにするための大事な知恵を学ぶ

帯に書いてあった「この本を読むことによって期待されること」, 真のリーダーになり、マネジメントの本質を知る, 人生における明確な目的と方向性を持つようになる, 忘れていた人間本来の暖かさを取り戻し、本当の喜びを生活の名かで味わえるようになる, 他人との協力を通じて、無限の資源を活用する方法を知る, 深いコミュニケーションをとる方法を知ることで、周りの人たちとの充実した人間関係を作る

この本から教わる人から、教える側へと成長できるように

トリガーワード

インサイド・アウト

7つの習慣

パラダイム転換

原則

主体性

私的成功・公的成功

ミッション・ステートメント

自己責任

リーダーシップ

時間管理

生活の中心

原則中心

第二領域

信頼残高

相互依存

WinWin

理解

相乗効果

再新再生

この本に対する質問

7つの習慣を身につけると何が起こるか?

依存から自立へ、自立から相互依存へと成長していくことができる, 依存, 自立, 相互依存

7つの習慣を身につけるにはどうすればよいか?

自分の中のパラダイムを変えること = パラダイム転換, パラダイム, 世界を見る見方、私たちの認識・理解・解釈を決めるもの、価値観, 物事に対して「こうあるべきだ」と無意識に決めてしまうもとになるもの, パラダイムを人格から切り離すことはできない, 「どうあるか」は「どう見るか」に直結している, 著しい変化を遂げたいのであれば、パラダイムを変えなければならない, 若いのにカッチカチのパラダイムにとらわれてる人身の回りにもいるなぁ・・, 見方を変えれば、在り方も変わる, 頭の中に描く地図 = パラダイム が「原則」や自然の法則に一致すればするほど、それは正確かつ機能的なものになる, 原則, 人間の生活にも自然の法則がある, 地球上どこでも普遍、時間を超えて普遍 = 絶対的なもの, より多くの普遍的な原則を知る = 大人になる、成長するってことだと思う, 手法でも価値観でもなく、永続的な価値を持っている、人間の行動に正しい方向性を与えてくれるガイドライン

個性主義ではなく人格主義でいること, 個性主義, 個性の発揮、コミュニケーションのスキル、他に影響を及ぼす戦略、前向きな姿勢などの「テクニック」による成功を目指す考え方, 時として成功しているように見えるが、長期的には必ず化けの皮をはがされる, 人格主義, 原理原則を自分自身の人格に深く内面化させ、「優れた人格」による成功を目指す考え方, 基礎となる人格があってはじめてテクニックが生きてくる, 表面的な成功(才能などに対する社会的評価)に恵まれた人の中でも、真の成功(優れた人格を持つこと)を達成していない人もいる, 永続的な幸福と成功を支えるためには、基本的な原則を自分の中に深く内面化させることが大事

インサイド・アウトでいること, インサイド・アウト, 自分自身の内面(インサイド)を変えることからはじめること, 自分自身の根本的なパラダイム・人格・動機などを変えることからはじめること, 私的成功が公的成功に先立つ, 私的成功, 自分自身の改善による内面的な成功, 依存から自立へ, 公的成功, 他者との関わりあいのなかでの成功, 自立から相互依存へ, 人格よりも個性を優先することは愚かなこと, 自分自身を改善せずにほかの人との関係を改善しようとすることは意味のないこと, アウトサイド・イン, 自分のうまくいかない状況の責任を周りの人や環境のせいにすること

成長の連続体を意識し、相互依存の高みを目指すこと, 成長の連続体, 依存, 「あなた」というパラダイムを持つ人々, 「あなた」が私の世話をする、「あなた」がやってくれないとだめだ、結果が出ないのは「あなた」のせいだ, 自分の自尊心と安定性が誰かの意見や評価に影響を受ける, 誰かに嫌われでもしたら大打撃を受ける, 自立, 「私」というパラダイムを持つ人々, 「私」はできる、「私」の責任だ、「私」が結果を出す、「私」は選択できる, 他人が私のことをどう思おうと関係なく自尊心を持つことができる, 自分の方向性を自分の中から出すことができる, 「自立」は「依存」よりもはるかに成熟した状態だが、「自立」が一番高みではない, 「自立」していても、相互依存的に考えたり行動したりするまで成熟しきれていない人は、独立した生産者として好業績を上げることはあっても、チームの良いメンバーやリーダーになることはできない, 人生は本来、きわめて相互依存的なもの, 相互依存, 「私たち」というパラダイムを持つ人々, 「私たち」は協力する、「私たち」が才能と能力を合わせれば、もっと素晴らしい結果を出すことができる, 「自立」よりはるかに成熟した高度な概念, 他の人と深くかつ有意義な関係を築くことができ、彼らの持つ巨大な能力や可能性といった資源を自由に活用できる, 「自立」に達している人しか「相互依存」にはなれない, 「依存」→「相互依存」は不可能、なぜなら彼らにはそれだけの人格と自制の力がないから, 「7つの習慣」は「依存」から「自立」へ、「自立」から「相互依存」への成長を支える基礎となる, 私的成功 = 「依存」から「自立」への成熟 のための3つの習慣, 1. 主体性を発揮する, 2. 目的を持って始める, 3. 重要事項を優先する, 私的成功はかならず公的成功の先立つ, 公的成功 = 「自立」から「相互依存」への成熟のための3つの習慣, 4. Win-Win を考える, 5. 理解してから理解される, 6. 相乗効果を発揮する, 継続的な改善を図るための7つ目の習慣, 7. 刃を研ぐ, 再新再生, 肉体、社会・情緒、知性、精神という人生における4つの基本的な側面において、定期的かつバランスよく改善を図る習慣, 習慣とは, 知識・スキル・やる気の3つから成り立つ, 知識, 何をするか, なぜそれをするか, スキル, どうやってするか, やる気, それを実行したい

P/PC バランスを意識して人生のあらゆる側面で効果性を高めること, P/PC バランス, Performance (目標達成), 目標を達成すること、結果を手に入れることそれ自体, Performance Capability (目標達成能力), その結果を手に入れるために使う資源、目標を達成する能力, P によりすぎても、PC によりすぎてもダメ, 人生のすべての側面で常に P/PC バランスを実証すべき, 効果性, 長期的に最大の有益な結果をもたらすもの

変化の扉を開くこと, 誰も説得によって人を変えることはできない, すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は中からしか開けられない, 説得や感情に訴えることによって他人の扉を外から開くことはできない, 自分を信じる力の飛躍的な向上が必要, 他人があなたのことをどう考えているかを気にしなくなるにつれて、彼らの気持ちや自分との関係をもっと大切するようになる, 他人の欠点があなたの生活を支配しなくなる, 自分の心の奥底に確固たる中心を持つようになり、周りの世界の変化に振り回されず対応できるようになる

7つの習慣とは何か?

人間の成長過程を支える大事な考え方

効果的に生きるための原則を自分の中に深く内面化するためのもの

原則を中心におき、人格に基づいた個人の成長、または有意義な人間関係の育成についてのインサイド・アウト(内から外へ)と呼ぶべきアプローチ

7つの習慣, 私的成功:依存 → 自立, 1. 主体性を発揮する, 問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である, 3つの決定論, 1. 遺伝子的決定論, おじいさんとおばあさんから受け継いだ血のせい, 短期なのは遺伝のせい, 遺伝子が自分の性格や人格を作り出しているとするもの, 2. 心理学的決定論, 両親の育て方のせい, 幼児期に怒られた経験を心の底で覚えている, 親の期待に答えられなかった経験を心の底で覚えている, 育ちや幼児体験が性格や人格を作り出しているとするもの, 3. 環境的決定論, 自分の上司・妻・子供・経済・国政の方針のせい, 自分を取り巻く環境の何かが、あるいは誰かが、今の自分の状況を責任を持っているとするもの, 決定論というパラダイムは人間の本当の可能性を支える正しい原則と一致しているか?, 刺激と反応のモデル, 私たちは何か環境から刺激があったときに反応するように条件づけられている, 人間は「刺激」と「反応」の間に「選択の自由」持っている, 人間の人間たる4つの独特な性質, 1. 自覚, 自分自身を客観的に見つめる力, 2. 想像力, 現在の状況を超えて頭の中で想像する力, 3. 良心, 心の奥底で善と悪を区別し、正しい原則を知り、今の思いや行動はどれだけ原則と調和しているかをわきまえる能力, 4. 自由意志, 他のあらゆる影響に縛られることなく自覚に基づいて行動する能力, 動物にはこれがない, Responsibility (責任), Response (反応) + Ability (能力), 自分の反応を選択する力, 主体性を発揮する習慣を身につける, 率先力を発揮する, 人間として自分の人生に責任をとる, 私たちの行動は周りの状況からではなく、私たち自身の選択によって決まる, 自分の人生に対する責任を放棄すると反応的になる, 反応的な人, 周りの物的な環境に大きな影響を受ける, 天気が良ければ気分がよく、天気が悪ければ気分も悪くなる, 他人の行動や言葉に左右され、振り回される, 人が親切にしてくれると気分がよく、そうでないときは不機嫌になったり落ち込んだりする, 誰かが助けてくれることや何かが起こることを待っている, 身の回りにも反応的な人たくさんいるなぁ・・, 主体的な人, 自分の天気を持ち合わせている, 雨が降ろうが陽が照ろうが関係ない, 主体的な人の行動は価値観に導かれている, 深く考え、選択し、内面化した価値観に基づいて自らを支配する, 主体性は人間の本質の一部であり、発揮されていなくてもその人の中に必ず存在する, 率先力・主体性を発揮する人としない人と間には天と地とほどの開きがある, 25%や50%の差ではない, 5000%以上の効果性の差が出る, 主体性を持つ, 価値観に基づいて行動する, 現実を正しく認識する, 他人の気持ちや周りの状況を理解する, 関心の輪と影響の輪を意識し、影響の輪に注力する, 関心の輪, 我々が時間とエネルギーをさいている物事のうち、自分でコントロールできないもの, 反応的な人は「関心の輪」に集中し、他人の欠点・周りの環境・自分のコントロールの及ばない状況などに集中する, 人のせいにする態度, 反応的な言葉, どうしようもない, 生まれつきだ, あいつは頭にくる, そういうことが認められるわけがない, しなくてはならない, ◯◯でさえあったら, ◯◯でないとダメだ, 被害者意識, 影響の輪, 我々が時間とエネルギーをさいている物事のうち、自分でコントロールできるもの, 主体的な人は「影響の輪」に自分の時間・エネルギーを集中させ、自らが影響できる事柄に働きかける, 主体的な言葉, 代替案を考えてみよう, 他のやり方が選択できる, 自分で自分の感情をコントロールする, 効果的なプレゼンテーションをしよう, そうすることに決めた, 私が◯◯する, ◯◯のほうがいいと思う, すべての問題は影響できる, 1. 直接的にコントロールできる問題, 自分の行動と関係している問題, 習慣を変えることによって解決される, 2. 間接的にコントロールできる問題, 他人の行動と関係している問題, 影響を及ぼす方法を変える事によって解決される, 3. 全くコントロールできない問題, 誰も影響できない問題、過去の出来事, 自分の態度を変える事によって解決される, 「主よ、変えるべき変えられることを変える勇気を、変えられないことを受け入れる平和を、そしてその区別をつける知恵を与えたまえ, アルコール依存症連合会の座右の銘, 「持つ」か「なる」か, 持つ, 家さえ持てば幸せになれる, もっと親切な上司を持っていたら, もっと忍耐強い夫を持っていたら, もっと素直な子供を持っていたら, 一流大学の卒業証書さえ持っていたら, もっと自由な時間を持っていたら, 関心の輪に注力, なる, 私はもっと忍耐強くなる, もっと賢くなる, もっと優しく慣れる, 影響の輪に注力, 人が深い傷を受けるのは、他人の行動によるものでもないし、ましてや自分の間違いによるものでもない。それにどう反応するかによって傷を受ける, 30日間のテスト, 小さな約束をつくり、それを守る, 裁く人より光を与える人になり、批判者より模範になる, 問題をつくり出す人ではなく、問題の解決に貢献する人になる, 他人の弱点について争うことをやめてみる, 自分の弱点を弁護することもやめてみる, 間違いを犯したときに、素直にそれを認め、修正し、それからすぐ学ぶようにする, 他人のせいにしたり、彼らを批判したりする無駄なエネルギーを使わないようにする, コントロールできることに働きかける, 自分自身を変えるようにし、自分のあり方に集中する, 問題が自分の「外」にあると考え始めたら、その考えをやめる, 自分は責任のある(反応を選択することのえきる)人間だということを悟ることが、効果性の基本であり、残りのすべての習慣の基礎となる, 他のすべての習慣の基礎となる, 2. 目的を持ってはじめる, 自分の人生の目的を考えたことがあるか?, 自分の葬式のときに参列者にどういう言葉をかけて欲しいか, 人生の目的を深く考えた時、その人の「基礎的な価値観」「内的な方向づけ」に触れることができる, その人の心の奥底にある一番大事な考え方, 自己リーダシップ, 2段階の創造, すべてのものは二度作られる, 設計, 建築, 知的な第一の創造, 第二の習慣は知的な第一の創造を行うためのものである, リーダーシップは第一の創造のために必要な能力, リーダーシップ = 正しい事をすること, はしごをかけ違っていないかを判断すること, 物的な第二の創造, マネジメントは第二の創造を行うために必要な能力, 手段のノウハウ, どうすれば目標を達成できるかという質問に答えるためのもの, マネジメント = 物事を正しく行うこと, 成功のはしごを効率良く登ること, ほとんどの場合、マネジメント(第二の創造)を重視してリーダーシップ(第一の創造)を疎かにしがち, 自分の人生の目的を明確にすることにより、毎日の活動が人生全体の目的に対して、有意義な形で貢献できるものになる, 生活のなかでの様々な役割を果たすときに、明確な価値観に基づいて行動することができるようになる, 目的を持って行動すると、第一の創造に対する責任をとることになる, 様々な出来事やシレンに出会ったとき、その価値観に基づき反応を選択することができるようになる, 真の意味で主体的な人になることができる, なぜなら、価値観が明確になっているから, 目的を持って生きる = 自分の価値観を明確にする = 主体性を持つ, 個人的なミッションステートメントを作成する, ミッションステートメントが正しい原則に基づいていれば、個人にも揺るぎない方向性が与えられる, 激しく変わる環境の中にあって、個人に不変の安定性と力を与えてくれる, 変化に対応する能力を高める鍵は、自分は誰なのか、何を大切にしているのかを明確に意識すること, 短期間で書けるものではなく、深い反省、注意深い分析、入念な表現、多くの書き直しを経て完成させるもの, 書きあげる過程が、最終的な文書と同じくらい重要, 原則中心の生活, 生活の中心にあるものは、自分の安定性・方向性・知恵・力の根源になる, 安定性, 自己価値・アイデンティティー・精神的な基礎・自尊心・個人的な力, 方向性, 人生における方向の根源、生活の中の意思決定・判断・決断などの基準, 知恵, 生活におけるバランス感覚、原則に対する理解の度合い, 力, 行動する能力、目標を達成する力との効果性, 生活の中心に置くべきものは「原則」である, 生活の中心に置くべきでないもの, 夫・妻 (恋人), 家族, お金, 仕事, 所有物, 遊び, 友達・敵, 宗教組織, 自己, 正しい原則を自分の生活の中心におけば、自分の安定性・方向性・知恵・力を開発していくためのしっかりとした土台を得ることが出来る, 原則, 深い基礎的な真理であり、全人類共通のもの, 原則中心の生活から生まれる個人的な力は、自覚と知識を持ち、他人の行動・態度や環境・状況の影響に制限されない主体的な人間の力である, 時代を越えた不変的な原則を自分の生活の中心におくことにより、効果的に人生を営むために性格な基礎的なパラダイム、ゆがんでいないレンズを持つことができる, 原則を中心に持つことで、初めてほかのあらゆる物事をバランスよく見ることができるようになる, 原則中心の人は、自分の直面している状況や時折の感情から一歩身を引いて、それぞれの選択肢を考えることができる, 3. 重要事項を優先する, 自己管理の原則, 第1の習慣で身につけた、自分で考え自分で決めるということ, 第2の習慣で身につけた、知的創造 = 自分の価値観と将来のあるべき姿のビジョンを心に刻み込むこと, リーダーシップ, 右脳, 芸術, 哲学, 第3の習慣は、1と2に続く、物的創造 = 原則中心になるために「自由意志」を発揮すること、毎日の瞬間瞬間における実行, マネジメント, 左脳, 技術, 科学, 右でリードし、左で管理する, 自由意志, 意志決定をし、その決定に沿って行動する力, 周りの環境に作用されず、周りの環境に作用を及ぼし、自分の描いたビジョンを主体的に実行に移す能力, 「誠実さ」によって測ることができる, 誠実さ, 自分の約束や決意を守る力, 言行を一致させる力, 人格主義の基礎的な原則、主体的な成長の本質, 重要事項を優先する, リーダーシップ = 重要事項は何なのかを決めること, マネジメント = 自制する力、実行力, 知的創造に対して、忠実に行動する力, 成功者たちの共通点は、成功していない人たちの嫌がることを実行に移す習慣を身につけている, 自らの嫌だという感情をその目的意識の強さに服従させている, 感情を目的意識に服従させるには、高い率先力・主体性が必要, 時間管理の4つの世代, 第一世代:メモ・チェックリスト, 要求を認識して整理する, 第二世代:カレンダー・予定を書き入れる手帳, 先を見据えてスケジュール化, 第三世代:優先順位付け・価値観の明確化・目標設定, 具体的な短期・中期・長期の目標, 第四世代:大切な人間関係・生活の役割・大切な目的の達成 > 物や時間, 原則中心, 良心によって方向づけされる, 独自のミッション・価値観・長期的な目標が定義される, 第二領域, 時間管理のマトリックス, 緊急度, すぐに対応しなければならないように見えるもの, 重要度, ミッション・価値観・優先順位の高い目標の達成に結びついているもの, 第一領域:緊急・重要, 締めきりのある仕事, クレーム処理, 病気・事故, 第二領域:緊急でない・重要, 人間関係づくり, 健康維持, 準備や計画, 第三領域:緊急・重要でない, 突然の来訪, 多くの電話, 第四領域:緊急でない・重要でない, 暇つぶし, 単なる遊び, 多くのテレビ, 効果的に人生を営む人は、第三領域・第四領域は避ける, 第二領域に時間を投資することにより、第一領域の問題を無くしていく, 大きな成果を出す人は、問題に集中しているのではなく、機会に集中している, パレートの法則:80%の結果は20%の活動から産み出される, 予防的に物事を考える, 7つの習慣はすべて第二領域に入っている, デレゲーション, 他の人に仕事を任せること, 最も効果的かつ波及効果の大きい活動, 公的成功につながる, 使い走りのデレゲーション, こちら側がすべて指示し、作業だけしてもらう, 完全なデレゲーション, 相手の自覚・想像力・良心・自由意志を尊重するパラダイムに基づくデレゲーション, 手段ではなく結果に焦点, 手段を選択する自由を相手に与え、結果に責任をもたせる, 望む結果, ガイドライン, 使える資源, 責任に対する報告, 履行(不履行)の結果, 公的成功:自立 → 相互依存, 相互依存のパラダイム, 真の意味での自立のうえにしか相互依存は成り立たない, 私的成功が公的成功にかならず先立つ, 人間関係づくりに最も大切な要素は、私たちが何を言うか、何をするかということではなく、私たちはどういう人間であるのかということである, 信頼残高, ある関係において築かれた信頼レベルをあらわす表現、その人に接する安心感, 信頼残高が高い, コミュニケーションは簡単、効果的、即時的, 信頼残高が低い, 硬直的なコミュニケーション, 継続的な信頼残高の預け入れが重要, 1. 相手を理解する, 自分が相手に理解してほしいのと同じように、相手を1個人として深く理解し、その理解に基づいて相手に接する, 「ひとりひとりの子供に対して、それぞれ違う接し方をしてこそ、公平に接することになる」, 2. 小さなことを大切にする, 小さな心遣い・礼儀は大きな預け入れ, 小さな無礼・不親切・無神経は大きな引き出し, 人間関係において、小さなことは大きな事である, 3. 約束を守る, 約束を守ることは大きな預け入れ, 約束を破ることは大きな引き出し, 4. 期待を明確にする, 人間関係におけるほとんどの問題は、「役割」と「目標」を取り巻くあいまいな期待、あるいはお互いの期待像の相違に端を発している, 期待像を明確にするのは大きな預け入れ, 期待を明確にするにはとても勇気がいる = お互いの相違を明確にすることだから, 5. 誠実さを示す, 個人的な誠実さが様々な預け入れの基礎になる, 誠実さの欠如は信頼残高を増やすための努力をすべて台無しにしてしまう, 心に二面性を秘めていれば信頼残高を築くことはできない, 相互依存状態における誠実さとは、すべての人々に対して平等に同じ原則に沿って接することである, 6. 引き出しをしてしまったときは、誠意をもって謝る, 素早く心から謝ることは、高潔な人格をとても必要とする行為, 基礎的な原則や自分の価値観からくる深い内的な安定性がなければ、誠心誠意をもって謝ることはできない, 間違いを犯すことはひとつの問題であるが、それを認めないのはもっと大きな問題である, 信頼残高のパラダイムを持つと、他の人と一緒に効率的に働く「公的成功」の領域に入る用意ができたことになる, 4. Win-Win を考える, 人間関係の6つのパラダイム, 1. Win-Win, 常に相互の利益を求める心と精神, 人生を競争ではなく協力する舞台とみるパラダイム, ある人の成功は、他人の成功を犠牲にしなくても達成できる、という考え方, 2. Win-Lose, 私が勝てば、あなたが負ける, 独裁的なアプローチを生み出す考え方, ほとんどの人はうまれたときから多くの場面で Win-Lose の脚本付けをうけている, 現在教育の中心を構成しているのは協力ではなく、競争である, 真の意味では、人生は競争ではない, 毎日夫・妻・子供・同僚・隣人・友達と競争しながら生活しているわけではない, 人生のほとんどは自立したものではなく、相互依存状態の中にあり、人が望む結果は、ほとんどが人と協力することによってはじめて得られるものである, 3. Lose-Win, どうぞ、私を踏み台にしてくださって結構です, 俺は負け犬だ、生まれつきそうなんだ, 相手の要求に対して折れるのが早く、相手に好かれたいという気持ちが強い, 人に受け入れられ好かれることに自分の価値を求める, 気持ちや信念を表現する勇気がなく、ほかの人の我の強さにすぐおびえる, 4.Lose-Lose, Win-Lose を考えている者同士、頑固で融通のきかない我の強い者同士がぶつかると結果は Lose-Lose になる, 敵愾心・復讐心に燃える, 相手を殺すことは自分を殺すこと、諸刃の剣が見えなくなってしまう, 敵を自分の生活の中心におき、とにかく相手を負かしたい一新でほかに何も見えなくなってしまう, 相手を負かすためなら自分が負けようともかまわない, 内的な方向性をまったくもたず、深い依存状態にいることから、自分がみじめだから他人もみじめであると思う人間の考え方, 5. Win, 必ずしも相手に負けて欲しいとは考えない, 自分の欲しい結果を獲得することだけを考える, 6. Win-Win または No Deal, Win-Win よりも更に高い次元の選択, 本当の Win-Win を達成することができなければ No Deal (取引しない) を選ぶ方が適当, Win-Win を考えよう, 最も良い選択はその状況によって異なる, 長期においては、両方が勝たなければ、両方の負けになる, 相互依存の現実においては、Win-Win 以外に現実的な方法はない, Win-Win を支える5つの柱, 1. 人格, 誠実, 成熟, 自分の気持ちや信念を表現する勇気と、相手の気持ちや信念を尊重する思いやりのバランスがとれている人, 勇気と思いやりがあってはじめて Win-Win が成り立つ, 豊かさマインド, すべての人を満足させることが可能である、というパラダイム, 深い内的価値や安定、自尊心から生まれる, 公的成功は他人を負かすという意味ではない, 関係作りに成功すること, 関わっているすべての人々が相互利益を獲得すること, 欠乏マインド, 人生を一個のパイと見て、ほかの人が大きな一切れを取ると、自分の取り分が減ると考えるパラダイム, 2. 関係, 信頼残高を高めて維持することが重要, 3. 合意, Win-Winの実行協定を定義し、方向性を与える, 望む結果, ガイドライン, 使える資源, 責任に対する報告, 履行・不履行の結果, 手段ではなく結果に焦点を当てる, 4. システム, 組織やグループの中に現れる行動は、報われる行動, 報酬などのシステムは、ミッション・ステートメントに含まれる目標・価値観にあわせなければならない, 多くの場合、問題は個人ではなくシステムにある, 5. プロセス, 原則に基づいた交渉過程で重きをおくべきところは、人と問題を切り離して考え、立場よりも望む結果に集中し、相互利益になる選択や第三案を考え、客観的な基準を要求すること, 1. 問題を相手の立場から見る, 2. 対処しなければならない課題・関心事を明確にする, 3. 完全に納得できる解決には、どういう結果を確保しなければならないかを明確にする, 4. その結果を達成するための新しい案や選択肢を打ち出す, 個人主義的なテクニックではなく、人間関係における全体的なパラダイム, 誠実・成熟・豊かさマインドを含めた人格から発生し, 高い信頼関係によって育成される, 期待像を明確にし、その期待を効果的に管理するための実行協定によって形づけられ, Win-Win を支えるシステムの環境の中で栄える, プロセスによって達成される, 5. 理解してから理解される, 感情移入のコミュニケーション, 人間関係における効果的なコミュニケーションの鍵, まず相手を理解するように務め、その後で、自分を理解してもらうようにする, コミュニケーションは人生における最も大切なスキル, 相手を本当に理解するためには, 多くの人, 理解しようとして聞いているのではなく, 答えようとして聞いている, 接するすべての人々に、自分がかけている眼鏡をかけさせようとする, 相手が理解していないという言葉で表現する, 会話の4つのレベル, 無視する, 聞くふりをする, 選択的に聞く, 注意して聞く, 感情移入して聞く, 相手の見地に立ち、相手の立場から物事を眺め、相手が見ている世界を見る, 耳だけでなく、目と心で聴く, 感情移入のコミュニケーションは信頼残高の大きな預け入れとなる, 相手に精神的な空気を与える, 感情移入するということは相手に影響されるということ, 第1〜3の習慣で変わらざる核心、原則の中心を得ていれば大丈夫, 外からのリスクや激しい変化に対して、内的な強さと平安な気持ちを持って対処できるようになっているはず, 4つの自叙伝的な反応, 評価する, 探る, 助言する, 解釈する, 聴いてもらう側にとっては意味のない反応, 感情移入のスキルを身につけるための4つの段階, 1. 話の中身を繰り返す, 学校がいやなのか, 2. 話の中身を自分の言葉に置き換える, 学校に行きたくないのか, 3. 相手の感情を反映する, なんかイライラしてるね, 4. 内容を自分の言葉で言い、同時に感情を反映する, 学校に行きたくなくて、イライラしてるみたいだね, 感情移入による傾聴のコミュニケーションスキルの第4段階に至ると、今まで経験したことのないようなコミュニケーションが生まれる, 理解することがWin-Winの扉を開く, 人は、様々な相違があるにもかかわらず、一緒に何かを成し遂げようとする, 相手が理解しようとするパラダイムを持っていないときは、こちらが相手を理解しようとすることが不可欠, まず理解することを求めよ、評価したり処方したりする前に、自分の考えを打ち出そうとする前に、まず理解しようとする。それが相互依存の強力な習慣なのである, 6. 相乗効果を発揮する, 人生において最も崇高な活動, 1〜5の習慣はすべて、相乗効果 = シナジー の習慣の準備, 相乗効果こそが、原則中心リーダーシップの本質, 相乗効果, 全体の合計が各部分の和よりも大きくなること, 多くの人は仕事・家庭生活その他の場面で、相乗効果的な人間関係を経験したことがない, 人生最大の悲劇, 人生最大の損失, コミュニケーションが相乗効果的になってくると、非常に短い言葉でも会話が成立するようになってくる, 人は一度でも本当の相乗効果、つまりシナジーを経験してしまうと、二度と前の状態に戻ることはできない, 高い信頼残高を持っている関係性の場合、第三案の存在をお互いが確信する, 第三案, 双方が満足できる解決策, 相乗効果を発揮するためには、双方が満足できる解決策を見つけるまで、話し合いを続けること, 結果、各自が最初に提案した解決策よりも優れた案が生まれ、それは妥協を遥かに超越したものになる, 相違点を学ぶ, すべての人は世界をあるがままにみているのではなく、自分のあるがままにみているのだということを理解する, 7. 刃を研ぐ, バランスのとれた自己再新再生の原則, 1〜6の習慣を可能にするための習慣, 自分自身という最も大切な資源を維持すること, 定期的に、一貫して、賢明に、バランスよく、基本的な4つの能力を磨き向上させる, 4つの基本的な能力, 肉体的側面, 自分の身体を大切にすること, バランスのとれた栄養のある食事をとること, 十分な休養を心がけて、定期的に運動すること, 1日おきの30分の運動が、残りの数百時間のパフォーマンスをあげる, 第一の習慣である主体性という精神的な筋肉を鍛えることにもなる, 持久力, 柔軟性, 強さ, 精神的側面, 人生に自己リーダーシップを発揮すること, 鍛え方は人によって様々, 祈り・瞑想, 新しいノート, 知的側面, 正式な教育によってなされる, 幅広い読書をすることによって偉人の考えに接することが大切, 定期的に優れた本を読むこと以上に、自分の精神を高め、養う方法はない, 社会・情緒的側面, 自分の価値観に対して忠実に生きること, 効果敵に相互依存的な生活を送ること, 有意義で人の役に立つ奉仕, 第2領域を使う勇気, 毎日の私的成功, 肉体・精神・知性を磨く行動をおこすこと, どれか一つでも疎かにすればそれは残りの3つの側面すべてに悪影響を及ぼすことになる

この本に関する情報

著者:スティーブン・R・コヴィー

ビジネスコンサルタント

世界で最も影響力のあるビジネスの思想家の1人

全世界1200万部

30カ国語で翻訳