『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー 著

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー 著 by Mind Map: 『7つの習慣』 スティーブン・R・コヴィー 著

1. この本を読む目的:

1.1. これから先の人生を豊かにするための大事な知恵を学ぶ

1.1.1. 帯に書いてあった「この本を読むことによって期待されること」

1.1.1.1. 真のリーダーになり、マネジメントの本質を知る

1.1.1.2. 人生における明確な目的と方向性を持つようになる

1.1.1.3. 忘れていた人間本来の暖かさを取り戻し、本当の喜びを生活の名かで味わえるようになる

1.1.1.4. 他人との協力を通じて、無限の資源を活用する方法を知る

1.1.1.5. 深いコミュニケーションをとる方法を知ることで、周りの人たちとの充実した人間関係を作る

1.1.2. この本から教わる人から、教える側へと成長できるように

2. トリガーワード

2.1. インサイド・アウト

2.2. 7つの習慣

2.3. パラダイム転換

2.4. 原則

2.5. 主体性

2.6. 私的成功・公的成功

2.7. ミッション・ステートメント

2.8. 自己責任

2.9. リーダーシップ

2.10. 時間管理

2.11. 生活の中心

2.12. 原則中心

2.13. 第二領域

2.14. 信頼残高

2.15. 相互依存

2.16. WinWin

2.17. 理解

2.18. 相乗効果

2.19. 再新再生

2.20. 刃

3. この本に対する質問

3.1. 7つの習慣を身につけると何が起こるか?

3.1.1. 依存から自立へ、自立から相互依存へと成長していくことができる

3.1.1.1. 依存

3.1.1.2. 自立

3.1.1.3. 相互依存

3.2. 7つの習慣を身につけるにはどうすればよいか?

3.2.1. 自分の中のパラダイムを変えること = パラダイム転換

3.2.1.1. パラダイム

3.2.1.1.1. 世界を見る見方、私たちの認識・理解・解釈を決めるもの、価値観

3.2.1.1.2. 物事に対して「こうあるべきだ」と無意識に決めてしまうもとになるもの

3.2.1.1.3. パラダイムを人格から切り離すことはできない

3.2.1.1.4. 「どうあるか」は「どう見るか」に直結している

3.2.1.2. 著しい変化を遂げたいのであれば、パラダイムを変えなければならない

3.2.1.2.1. 若いのにカッチカチのパラダイムにとらわれてる人身の回りにもいるなぁ・・

3.2.1.3. 見方を変えれば、在り方も変わる

3.2.1.4. 頭の中に描く地図 = パラダイム が「原則」や自然の法則に一致すればするほど、それは正確かつ機能的なものになる

3.2.1.4.1. 原則

3.2.2. 個性主義ではなく人格主義でいること

3.2.2.1. 個性主義

3.2.2.1.1. 個性の発揮、コミュニケーションのスキル、他に影響を及ぼす戦略、前向きな姿勢などの「テクニック」による成功を目指す考え方

3.2.2.1.2. 時として成功しているように見えるが、長期的には必ず化けの皮をはがされる

3.2.2.2. 人格主義

3.2.2.2.1. 原理原則を自分自身の人格に深く内面化させ、「優れた人格」による成功を目指す考え方

3.2.2.3. 基礎となる人格があってはじめてテクニックが生きてくる

3.2.2.4. 表面的な成功(才能などに対する社会的評価)に恵まれた人の中でも、真の成功(優れた人格を持つこと)を達成していない人もいる

3.2.2.5. 永続的な幸福と成功を支えるためには、基本的な原則を自分の中に深く内面化させることが大事

3.2.3. インサイド・アウトでいること

3.2.3.1. インサイド・アウト

3.2.3.1.1. 自分自身の内面(インサイド)を変えることからはじめること

3.2.3.1.2. 自分自身の根本的なパラダイム・人格・動機などを変えることからはじめること

3.2.3.2. 私的成功が公的成功に先立つ

3.2.3.2.1. 私的成功

3.2.3.2.2. 公的成功

3.2.3.2.3. 人格よりも個性を優先することは愚かなこと

3.2.3.2.4. 自分自身を改善せずにほかの人との関係を改善しようとすることは意味のないこと

3.2.3.2.5. アウトサイド・イン

3.2.4. 成長の連続体を意識し、相互依存の高みを目指すこと

3.2.4.1. 成長の連続体

3.2.4.1.1. 依存

3.2.4.1.2. 自立

3.2.4.1.3. 相互依存

3.2.4.1.4. 「7つの習慣」は「依存」から「自立」へ、「自立」から「相互依存」への成長を支える基礎となる

3.2.5. P/PC バランスを意識して人生のあらゆる側面で効果性を高めること

3.2.5.1. P/PC バランス

3.2.5.1.1. Performance (目標達成)

3.2.5.1.2. Performance Capability (目標達成能力)

3.2.5.1.3. P によりすぎても、PC によりすぎてもダメ

3.2.5.1.4. 人生のすべての側面で常に P/PC バランスを実証すべき

3.2.5.2. 効果性

3.2.5.2.1. 長期的に最大の有益な結果をもたらすもの

3.2.6. 変化の扉を開くこと

3.2.6.1. 誰も説得によって人を変えることはできない

3.2.6.1.1. すべての人は堅くガードされた心の変化の扉を持っており、その扉は中からしか開けられない

3.2.6.1.2. 説得や感情に訴えることによって他人の扉を外から開くことはできない

3.2.6.2. 自分を信じる力の飛躍的な向上が必要

3.2.6.2.1. 他人があなたのことをどう考えているかを気にしなくなるにつれて、彼らの気持ちや自分との関係をもっと大切するようになる

3.2.6.2.2. 他人の欠点があなたの生活を支配しなくなる

3.2.6.2.3. 自分の心の奥底に確固たる中心を持つようになり、周りの世界の変化に振り回されず対応できるようになる

3.3. 7つの習慣とは何か?

3.3.1. 人間の成長過程を支える大事な考え方

3.3.2. 効果的に生きるための原則を自分の中に深く内面化するためのもの

3.3.3. 原則を中心におき、人格に基づいた個人の成長、または有意義な人間関係の育成についてのインサイド・アウト(内から外へ)と呼ぶべきアプローチ

3.3.4. 7つの習慣

3.3.4.1. 私的成功:依存 → 自立

3.3.4.1.1. 1. 主体性を発揮する

3.3.4.1.2. 2. 目的を持ってはじめる

3.3.4.1.3. 3. 重要事項を優先する

3.3.4.2. 公的成功:自立 → 相互依存

3.3.4.2.1. 相互依存のパラダイム

3.3.4.2.2. 4. Win-Win を考える

3.3.4.2.3. 5. 理解してから理解される

3.3.4.2.4. 6. 相乗効果を発揮する

3.3.4.3. 7. 刃を研ぐ

3.3.4.3.1. バランスのとれた自己再新再生の原則

4. この本に関する情報

4.1. 著者:スティーブン・R・コヴィー

4.1.1. ビジネスコンサルタント

4.1.2. 世界で最も影響力のあるビジネスの思想家の1人

4.2. 全世界1200万部

4.3. 30カ国語で翻訳