忍者プロダクトキックスターターでのアプローチ

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
忍者プロダクトキックスターターでのアプローチ by Mind Map: 忍者プロダクトキックスターターでのアプローチ

1. 方法/手段

1.1. キックスターターサイト

1.1.1. 映像

1.1.1.1. リヴァースの映像のようなイラストを何枚か使用した見せ方

1.1.2. テキスト

1.1.3. リターン

1.1.3.1. 商品そのもの

1.1.3.2. キャラクターのステッカーなど

1.2. ブランド独自サイト

2. ストーリー方向性

2.1. ブランド自体にファンをつける(応援したいと思わせる)

2.1.1. キャラクター

2.1.1.1. 複数

2.1.1.1.1. バンドメンバーのような

2.1.1.1.2. DJユニット

2.1.1.2. 単体

2.1.2. コンテンツとしての魅力

2.1.2.1. 新しい忍者のイメージ

2.1.2.1.1. SF系

2.1.2.1.2. 日常系

2.1.2.2. これまでの忍者のイメージ

2.1.2.2.1. 忍者独自の伝統のもの

2.1.2.3. 外国人から見た忍者のイメージ

2.1.2.3.1. スタイリッシュ

2.1.2.3.2. ヒーロー

2.1.2.3.3. 超人的

2.1.2.3.4. 他作品

2.1.3. 将来性

2.1.3.1. ”これは始まりに過ぎない感”

2.1.3.1.1. 次回展開のしやすさ

2.1.3.1.2. 今後なにかが起きる感

2.2. ブランドとしての魅力

2.2.1. プロダクトの商品としての魅力

2.2.1.1. プロダクト種類

2.2.1.1.1. PCケース

2.2.1.1.2. バックパック

2.2.1.1.3. ipadケース

2.2.1.2. プロダクト自体を欲しいと思わせる

2.2.1.2.1. 商品映像に商品画像を少なくとも1分

2.3. 実際に使用する人からの共感

2.3.1. 使用する人

2.3.1.1. ノマド的な生活をする人(フリーランス)

2.3.1.1.1. ライター

2.3.1.1.2. アフィリエイター

2.3.1.1.3. コンサルタント

2.3.1.1.4. 情報商材系

2.3.1.2. クリエイティブ職

2.3.1.2.1. グラフィックデザイナー

2.3.1.2.2. 設計

2.3.1.3. IT系

2.3.1.3.1. エンジニア/プログラマー

2.3.1.3.2. 営業職

2.3.1.3.3. スタートアップ企業メンバー

2.3.1.3.4. ウェブデザイナー

2.3.2. 共感を得る方法は?

2.3.2.1. 身近な存在であること

2.3.2.1.1. 複数のキャラクターがそれぞれの職業(バンドメンバーのように)

2.3.2.2. なりたい姿であること

3. 目指すべきこと、目標/目的

3.1. 「日本発のガジェットを欧米で売る」

3.1.1. 資金調達

3.1.2. マーケティング調査

3.1.3. ブランドの認知度向上

3.1.3.1. ファンを増やすこと

4. 抑えるべきポイント

4.1. ・ニンジャとしてのヒーロー性、かっこよさ

4.2. ・ストーリーの中でプロダクトの紹介ができる

4.3. ・賛同したくなるキャラクター性/ストーリー性をもたせる

4.3.1. 日常感(どこか共感がもてる)なのか

4.3.2. ファンタジー的(とがっている)なのか

4.4. ・今後の展開があるという将来性をもたせる

5. キックスターター用の動画

5.1. 商品紹介

5.1.1. 商品紹介:刀の効果音にてデジタルアイテムがPCケースに納まっていく

5.1.1.1. 必要なもの:実写映像

5.1.1.2. 必要なもの:商品画像

5.1.1.3. 効果音

5.1.2. ラストシーン:使用している様子を実写で。しかしカメラが上に上がって顔が映ると持っている人は忍者

5.1.2.1. 必要なもの:実写映像

5.1.2.2. 必要なもの:忍者として出演する人

5.2. 投稿者

5.2.1. 冒頭で語りかけてくるニンジャ

5.2.1.1. 必要なもの:忍者のイラスト

5.2.1.1.1. キャラクターのテイストが描けそうかどうか?を確認←

5.2.1.2. 必要なもの:セリフ

5.2.2. ”日本ではまだ忍者が残っているんだよ”というユーモア。

5.3. その商品の解決する課題

5.3.1. NOMADとNINJAの見せる

5.3.1.1. 必要なもの:アニメーションのイラスト素材

5.4. ブランド構築に具体的に必要なもの

5.4.1. ロゴマーク

5.4.1.1. ロゴデザイン

5.4.2. サイト?