2013プレゼント

Get Started. It's Free
or sign up with your email address
Rocket clouds
2013プレゼント by Mind Map: 2013プレゼント

1. 導入するだけで時給が2倍にアップ!? 広告社で実践、検証済み、本屋では買えない 小さな組織、個人で今すぐ使える 「IT活用経営実践ノウハウ2013」

1.1. 時間を製造するITツールを活用しよう

1.1.1. 「探す」という行為は「時間」が必要です。 用事を済ませるために「移動する」ためにも「時間」が必要です。 ITを活用することで ・場所の制約 ・探す時間 をかなり削減できます。 削減できた時給(無駄なコスト)はお客様とのコミュニケーションの時間に充てたり 販売価格を下げることで、お客様に還元できます

1.2. これからご紹介するIT化を実践するためにおすすめの機材

1.2.1. スマートフォン

1.2.1.1. iPhone5がおすすめ

1.2.1.1.1. LTEに対応していて、通信速度が早く、処理速度も早いので待ち時間が減る。

1.2.2. カメラ

1.2.2.1. デジタル一眼レフカメラ「EOS 60D」

1.2.2.1.1. テレビ用の取材カメラとしても使われているほど高画質

1.2.2.1.2. 素人が適当にシャッターを押しても綺麗に撮れる

1.2.2.2. ビデオカメラ「SonyハンディカムHandycam CX720V」

1.2.2.2.1. 「空間手ぶれ補正」という機能がすばらしい

1.2.2.2.2. 商品の紹介など、自分たちのことをお客さんに「伝える」「知ってもらう」 ためにビデオの活用はこれからの時代の必須テクニックです

1.2.3. 電話機

1.2.3.1. パナソニック「VE-GP55DL」

1.2.3.1.1. 通話をすべて全自動でSDカードに録音をしてくれる機能がついている

1.2.3.1.2. 電話線をつなぐだけですぐに使えて簡単

1.2.3.1.3. 応対品質の向上のために非常に便利

1.3. IT化をすすめるためにおすすめの参考書籍

1.3.1. 日本でいちばん社員満足度が高い会社の非常識な働きかた - 山本敏行 著 -

1.4. 1.「業務連絡」を効率化

1.4.1. 小さな組織で非効率に陥る一番多い例

1.4.1.1. スタッフ同士で

1.4.1.1.1. あれ、どうなってたっけ? 今ちょっとだけいい?

1.4.1.1.2. といった感じで作業を中断させて話しかけていませんか? 「業務連絡」と「スタッフ間のコミュニケーション」を混同している会社が驚くほど多いです

1.4.1.2. 相手の時間を奪わないことが、一番生産性の効率UPに有効です。 もし、このノウハウをご覧になられているのが社長であれば、社内のスタッフに毎月払っている給料を、時間単価で割ってみてください。 10分作業を中断すれば●,●●●円。といった感じで毎日信じられない金額の時給を垂れ流しているはずです。

1.4.2. このツールで改善

1.4.2.1. Chatwork

1.4.2.1.1. 社内の業務連絡をメールからチャットに完全移行がおすすめ 目的やテーマごとにチャットを増やして業務連絡を進められる 時系列で情報を把握できるので、メールよりも探す手間がかからない 新しい担当者が加わっても、過去の履歴を閲覧できるので、引継ぎに手間がかからない

1.4.2.2. Gmail

1.4.2.2.1. 検索機能、迷惑メールフィルタが優秀 お客さんとのやりとりには部門の専用メールアドレスを作ってやりとりをする。 責任者があとから報告を受けても、過去のメールを閲覧できるので対応がしやすい

1.4.2.2.2. 担当者個人のメールアドレスで取引先との連絡をとっていると、担当者が辞めたり異動した場合に、引継ぎの都度連絡先の変更連絡が必要になる。 また、個人のPCにメールソフトで受信設定をしていると、パソコンのデータそのもののバックアップが必要になってしまう。

1.4.2.3. googleカレンダー

1.4.2.3.1. シフト表や工程表として活用

1.4.2.4. 本格的に取り組むならGoogleApps

1.4.2.4.1. 昨年末から完全に有料化されたけれど、コストは一人500円/月

1.5. 2.「スタッフ教育・ノウハウ共有」を効率化

1.5.1. 小さな組織で非効率に陥る一番多い例

1.5.1.1. 新しいスタッフが加わるたびに、既存のスタッフが「時間」を割いて「教える」必要があります。 小さい組織は、人の入れ替わりが多いこ場合が多いので、どんどん非効率になっていきます。

1.5.2. このツールで改善

1.5.2.1. CamtasiaStudio (windows用)

1.5.2.1.1. 画面操作の録画 MACは標準で付いています

1.5.2.2. Youtube or GoogleDrive

1.5.2.2.1. 社内のノウハウをビデオで撮影して共有 完全無料ならYoutube セキュリティ重視ならGoogleDrive

1.5.2.3. 自動録音機能付き電話機パナソニック VE-GP55DL

1.5.2.3.1. 電話対応履歴を録音することで、応対品質の向上に役立てる。 例えば、お手本となるようなスタッフの応対履歴を、社内で共有してマニュアル代わりにする。など

1.6. 3.「ファイル保管・バックアップ」を効率化

1.6.1. 小さな組織で非効率に陥る一番多い例

1.6.1.1. 担当者の書く個人のパソコン内にデータが散らばっていて、一元管理されていない 共有サーバー(ファイルサーバー)は立ててあるが、2重、3重化のバックアップがされていない

1.6.2. このツールで改善

1.6.2.1. GoogleDrive or Sugarsync

1.6.2.1.1. 自動的にパソコンのデータをバックアップできて、設定したPC間で常に同じデータに同期できる ファイルのバージョンも保存されるので、間違えて保存してしまった時に、元に戻せる

1.6.2.1.2. USBでデータを移し替えたりする必要がなくなるので効率的に

1.6.2.2. GooglePicasa と Google+

1.6.2.2.1. 画像:縦横2048×2048ピクセル以下なら保存無制限 動画:15分以下なら容量無制限

1.6.2.2.2. 15分以下の動画も保存無制限

1.6.2.2.3. 記録用程度のデータなら、Googleにまとめて入れておけばバックアップの心配が不要になる

1.6.2.3. NTTひかり電話 FAXお知らせメール

1.6.2.3.1. FAXを紙ではなくデータでダウンロード受信できるようになるので、ペーパレスになります。 またmデータの取り出しはインターネットに繋がっていればどこからでも取り出せるので 「FAXは会社に戻らないと確認できないんです」といった事がなくなります。

1.7. 4.「移動時間」を無くして生産性アップ

1.7.1. 小さな組織で非効率に陥る一番多い例

1.7.1.1. 打ち合わせや買い物でついつい30分や1時間外出してしまうことがあります。 これも時給換算するとバカにならない金額になってきます。

1.7.2. このツールで改善

1.7.2.1. 打ち合わせ編

1.7.2.1.1. Skype

1.7.2.1.2. 3000円携帯

1.7.2.2. 購買

1.7.2.2.1. amazon

1.7.2.2.2. その他通販サービス

1.7.2.3. TeamVewer

1.7.2.3.1. 事務所に行かないと「あのデータが開けない」 自宅や出先のカフェ、移動中の車内からでも事務所のPCの画面を確認できる。

1.8. 5.営業スタッフに「新規開拓」をさせないで生産性アップ

1.8.1. 小さな組織で非効率に陥る一番多い例

1.8.1.1. あてもなく売り歩く営業マン 社内では社長だけが営業マンとして飛び回っている そんな状態の会社がいっぱいあります。

1.8.2. このツールで改善

1.8.2.1. 新規開拓専門のHPを複数持つ

1.8.2.1.1. 超簡単な基本の4ステップ