最終案:都市をどう変えるか?東京をどう変えるか?

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
Rocket clouds
最終案:都市をどう変えるか?東京をどう変えるか? により Mind Map: 最終案:都市をどう変えるか?東京をどう変えるか?

1. ターゲット(誰のため)

1.1. これは

1.1.1. 今の中学〜高校生が10年後、20代後半のノマドワーカーになると考え、デザインを設計いたしました。

2. ゴール(何の問題を解決)

2.1. 背景

2.1.1. 今、少子化社会、高齢化社会、年金額の減少、税金の向上、医療技術の向上などにより

2.2. 理由

2.2.1. 生き甲斐を感じにくい世の中になっています

2.3. やりたいこと

2.3.1. そのため、我々は希望あふれる未来となるコンテンツを作りたいと考えています

3. Worldwide hologram for Nomad worker

4. アウトプット(グラフィック、プロダクト、建築、アーバン、サービス、ウェブ、インタラクションなど)

4.1. 世界中が高速通信網によりリアルタイムに翻訳され、ホログラを用いて世界中を行き来出来る世の中にしたいと考えています。

4.2. これにより、仕事、学び、エンターテインメントなどあらゆる物が国境なしに行き来できるのです。

5. DESIGN CONCEPTだれが、どんなときに、どんな場面で?

5.1. シェアリングされる世界は

5.2. 仕事の時間は、海外で大活躍します。外国語なんて学ぶ必要はありません。全部翻訳してくれます。注意して置かなければならないのはその地域のルールや文化のみです。たとえば、ミュージシャンが仕事の場合、あたかも海外のアーティストと一緒の同じ空間で演奏をしているリアル空間を演出できるのが当たり前になります。

5.3. そして海外で学ぶときは、インドの学校で3桁の掛け算を学ぶとか、海外式の指導方法を学ぶことも可能かもしれません。

5.4. あと、エンターテインメントとしては、海外のパブで現地の人達と一緒にホログラムで飲み交わすことなんかも出来るかもしれません。例えば、隣にはフGhostとなったフレディマーキュリーがいて、一緒に飲んで、ボヘミアン・ラプソディを歌えるとか。。

6. どういうプロセスなのか?

6.1. 具体的にはこんなイメージです

6.2. 我々の目の前にあらゆるシェアリングされる世の中がやってまいります

6.3. これは、皆さんのメガネやコンタクトレンズがハッキングされるのです。

6.4. どういうことかというと、このレンズ上に我々が現れるのです。

6.5. いわば我々の視覚によって得られた情報がデジタル化され、海外の人達にも見られているのです。

6.6. 我々も同様です。海外の人達が見えているものの中に現れることが出来るのです。

6.7. 現れるという行為にホログラムを用いるのです。

7. そのモノは問題解決できた(できる可能性がある)か?

7.1. このようにホログラムは、この先10年後、我々の生活空間を大きく変えるでしょう

7.2. 今日本で問題となっている少子高齢化社会による、労働者人口不足も、日本で働きたい人たちを、ホログラム上で働いてもらう世界とか

7.3. 2030年という時代に合わせたノマドワーカースタイルが広がってくるでしょう!

8. いいデザインとは?DESIGN BEYOND THE ESTHETICS 審美眼を超えたデザイン 単なる見た目の問題ではない

8.1. 我々の目指す世界は

8.1.1. このようにあらゆる物がシェアリングになった世界で、世界中で生きる人達の希望溢れる世界を作りたい

8.2. これにより税金や年金など気にしなくても沢山の人たちの夢と希望を広げたい。と考えています。そのように楽しむことで自然に結果が生まれてきます。日本中あるいは世界中に喜びと希望が溢れる世界へと変わっていくでしょう