GreenCapital台本

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
GreenCapital台本 により Mind Map: GreenCapital台本

1. 第2話 クラファン×総代理権輸入ビジネスの詳細 ノウハウの誕生秘話

1.1. 全く新しい物販ビジネスの特徴 =これまでの物販ビジネス

1.1.1. ライバル不在=ブルーオーシャン

1.1.2. MOQ)(最低注文数)なしの案件のみ=在庫リスクなし

1.1.3. クラファンを使用する=先に資金を調達してから発注

1.2. 質問:そもそもクラウドファンディングとは

1.2.1. 株式投資型、ファンド投資型、融資型、寄付型、購入型

1.2.2. 市場の大きさ:2015年では380億円⇒2018年の時点で2044億円の市場の大きさであり利用者がそれだけいるということ

1.2.3. クラウドファンディングを物販に応用すると『資金を調達してから仕入れが可能』となる つまり、仕入れるお金がなくても始められるビジネスである。

1.3. 質問:総代理権輸入ビジネスとは

1.3.1. 商品の販売権利を海外から購入し、日本で独占販売が可能になる輸入ビジネス

1.3.2. 一言でいえば、日本で販売している会社は一つだけになるためライバルがいなくなる。 もしくは権利を持っている人から降ろしてしか販売できない

1.4. 質問:何でここまで公開しちゃうんですか?

1.4.1. どうしてもMOQなしの商品となると『英語による交渉』が必要なのでやりたくてもできない

1.4.2. 私は日本に存在していない素晴らしい商品をたくさん仕入れたいと思っています

1.4.3. だから、この事業で2~3年で100商品以上の総代理権を取得したいので出資してほしいし、多くの仲間で海外の素晴らしい商品を日本に広めたい。

1.5. 質問:具体的にクラウドファンディングを使ってどのようにビジネスをするのでしょうか? 増井社長がたった一つの商品で最大限の売上を目標とするスキームがあると聞いたのですが、聞いちゃってもいいですか?

1.5.1. ①海外のクラウドファンディングですでに売れている商品をリサーチ

1.5.2. ②独占的に販売できる権利=総代理権契約を交渉する

1.5.3. ※交渉のポイントは説明会に参加した人にお伝えしたいと思います=MOQなしで交渉する(英語が重要となる)

1.5.4. ③クラファン×ウェブマーケティングで先に資金調達して購入を確定させた時点で利益が決まります

1.5.5. ※売上をさらに上げるために次にできることがあるのですが、こちらも説明会で。。 業界用語=おかわりで新しい見込み客を獲得

1.5.6. ④独占交渉でAmazonのようなプラットフォームではなく自社サイトで販売

1.5.7. ⑤日本ではクラウドマーケティングから仕入れないと売ることができない商品なので大手百貨店からの契約オファー

1.6. 質問:増井社長、これすごいですね!! このビジネスにすでに出資されている方はいらっしゃいます。

1.6.1. マネーの虎で番組を盛り上げていた冷徹の虎「南原竜樹社長」。南原社長は年商100億円規模のグループ会社を所有しているオーナーです。

1.6.2. フランチャイズビジネスで年商100億円以上の武田塾で有名な『林尚弘社長』

1.6.3. 投資家3:39社のビジネスオーナー、クラブなな江のオーナー、唐沢七江社長

1.6.4. 増井社長がこのビジネスモデルを話したところ、3名が即時に出資をされたのは本当に驚きました!!

1.6.5. すでに他個人投資家が「このビジネスは素晴らしい!」と出資していただいており、その出資額が半年も経たずに4000万円もあつまっている状況なんです。

1.7. 増井社長がなぜこんなすごいビジネスを生み出したのでしょうか?

1.7.1. 増井社長のストーリー

1.8. まとめ+説明会への斡旋

1.8.1. 質問:最後になりまりが増井社長、このビジネス本当に素晴らしいと思うのですがもう一度このビジネスがどんなものなのかまとめていただいてもよろしいですか?

1.8.2. クラファンと総代理権輸入ビジネスを掛け合わせると先にお金を集めてから、購入を確定した後に仕入れるため 在庫リスクなし×ライバル不在の高収益物販ビジネスが可能となります

1.8.3. 次回予告

1.8.3.1. 次回は「海外から輸入なんて英語できないし・・・」と思っている方は絶対に見ていただきたいです。

1.8.3.2. 英語ができずにこの物販ビジネスができなくても収入を上げる、資産を構築することが可能なのですが

1.8.3.3. 次回の動画で具体的に物販ビジネスを成功させる自信がない人でもお金を手に入れられるかお話したいと思います。

1.8.3.4. 1最後まで動画をご覧いただきありがとうございます。

1.8.3.5. それでは最後まで動画をご覧いただきありがとうございました!

1.8.3.5.1. 2最新物販ビジネスセミナーに参加いただくと特別な参加特典が手に入ります。

1.8.4. 説明会にあっせんする動画を挿入

1.8.4.1. 新しい貿易ビジネスが始まります:GreenCapital

1.8.4.2. 3積極的にご質問やコメントいただけると嬉しいです

1.8.4.3. 4皆様にセミナーでお会いできること楽しみにしております

2. PVの制作(3分の動画)

2.1. コンセプト

2.2. なぜこのビジネスが画期的か

2.2.1. 完全に無在庫が可能になる

2.2.2. しかも日本にライバルいないですよ(笑)

2.2.3. とにかく利益がでるのでやってて楽しい

2.2.4. 2018年の時点で2044億円の市場

2.2.5. 一つの商品だけで1846万円売上、バックパックが1242万円の資金調達、トラベルシューズ1つで1216万円売上

2.2.6. 凄ーい!!!!

2.3. 投資家(株主)の声

2.3.1. 南原社長「これ絶対イイ!」

2.3.2. 林社長「購入確定してから仕入れるなんて絶対儲かるじゃないですか(笑)」

2.3.3. あともう一人誰か「失敗することがあり得ないビジネスなんじゃないかと思いました(笑)」

2.4. このビジネスにあなたが参入できます

2.4.1. あの有名社長たちが出資を即決したビジネスがあなたも参入可能になりました。

2.4.2. ここの株持っていたら最低でも〇万円Capital貰えるんじゃないですかね

2.4.3. このチャンスにあなたの収入、資産を一気に増やしませんか?

3. 第3話 クラウドマーケティングはなぜ上場するのか 上場支援(出資)のベネフィット

3.1. 出資ビジネスの概要

3.1.1. レッドオーシャン化、薄利多売、在庫リスクあり、 もうこんなビジネス止めませんか? クラウドファンディングを用いた 在庫リスクなし、ライバル不在の 最新物販ビジネスがついに公開! 海外でバカ売れしている商品を仕入れるだけ! 高収益の貿易ビジネスでたった2年、 5倍、10倍にあなたの収入、資産を増やしませんか? 一世を風靡した『あの有名な経営者』が即出資を決意した 最新の輸入物販ビジネスにあなたも参入可能になりました。

3.1.1.1. 第1話、第2話では最新物販ビジネスの特徴・詳細についてお話させていただきました。

3.1.2. 今回、第3話では最新物販ビジネスにものすごく興味はあるんだけど

3.1.2.1. 海外から輸入なんて英語できないし・・・

3.1.2.2. この物販ビジネスを成功させる自信が無い・・・

3.1.2.3. それでも収益を上げ、資産を構築する事ができる

3.1.3. 自身でクラファンビジネスに参入できなくても、このビジネスを応援することで利益を分けてもらえる=これが出資ビジネス

3.1.4. どうやって応援するのか?→クラウドマーケティング社は国内新興市場への上場を目指しています

3.1.4.1. 証券取引所とは?

3.1.4.1.1. 日本には4つの取引所がある。東京、名古屋、福岡、札幌。日本最大が東証。

3.1.4.1.2. 国内の新興市場への上場を目指している

3.1.4.2. 上場(IPO)とは

3.1.4.2.1. 新規公開株式のことをIPOという。未上場の企業が証券取引所に上場して、初めて市場に株式を公開する事をいいます

3.1.4.2.2. IPO株は上場前に数量限定で株が欲しい人を募集し、一般的には抽選販売。

3.1.4.2.3. 割安価格、将来性のあるベンチャー企業が多い為、上場後価格が上昇しやすく人気が高い

3.1.4.3. IPOの実例

3.1.4.3.1. オイシックス・ラ・大地

3.1.4.3.2. マクアケ

3.1.4.3.3. 北の達人

3.1.4.3.4. Delta-FlyPharma

3.1.5. このように将来性のある企業に出資をすることで、自分でそのビジネスをすることなく資産を形成できる

3.1.5.1. そこで今回、最新物販ビジネスを行うクラウド・マーケティングを応援することであなたの資産構築しませんか?

3.1.5.2. クラウド・マーケティング社を支援しているのがGreenCapitalです。

3.1.5.2.1. GCに出資をすることでクラウド・マーケティング社を応援する事ができます。

3.2. これまでの出資者

3.2.1. p

3.2.1.1. 投資家の声

3.2.1.1.1. 年商100億円規模のある南原社長「絶対イイ!デカい商売になる」と言って出資を即決

3.2.1.1.2. グループ年商100億円の武田塾で有名な林社長「購入確定してから仕入れるなんて絶対儲かるじゃないですか!?」

3.2.1.1.3. 9社の女性ビジネスオーナー銀座高級クラブの唐沢菜々江ママからも「将来有望なのでぜひ出資させてください」

3.3. クラウドマーケティング社が上場を目指す理由

3.3.1. このビジネスをスケールさせるために上場を目指す

3.4. 企業が上場するたった3つの条件とは

3.4.1. 監査法人により直近2期分の監査が行われている事

3.4.1.1. 監査法人とは企業の会計監査をすることが認められる法人。 高度な専門知識やノウハウを持つ監査法人の業務内容は、 企業の会計監査人となり、企業が作成する 財務諸表や計算書類をチェックし、その妥当性を証明する事です。 上場には上場前、直近2期分の監査が義務となります

3.4.2. 主幹事証券が決まっている事

3.4.2.1. 上場に関して申請会社を支援する業務を行う証券会社を主幹事証券といいます。株式を上場するに際しては、主幹事証券の他に複数社の幹事証券会社が関わりますが、その中心的役割を果たすのが主幹事証券となります。

3.5. なぜクラウドマーケティング社は上場できるのか

3.5.1. 監査法人、主幹事証券の選定代行、取締役会必要人員の選定をGCがしている

3.5.2. 監査法人に2期分監査してもらう費用、主幹事証券に支援業務をしてもらう費用と上場に必要なコストをGCが支援している

3.5.3. 上場に必要な環境を整えています

3.5.4. これができれば例え赤字でも、2年分の資金を用意できたビジネスの持続性・将来性が評価され上場が可能となります。

3.5.5. 既に4000万円近く資金調達しており、後2000万~4000万の出資金を集めることができれば上場はほぼ確定となります。

3.6. 上場したときに得られるベネフィット

3.6.1. では実際、GCに出資した場合、どのくらいの資産運用ができるのか?通常の株式投資では得られないようなリターンが待っている(詳しくは説明会で)

3.7. まとめ+説明会への斡旋

3.7.1. 最新物販ビジネスを行っているクラウド・マーケティング社があり、さらにその会社は上場を目指しています!,

3.7.2. 上場を目指すクラウド・マーケティング社を支援している会社GCがあります。

3.7.3. GCに出資することであなたもクラウド・マーケティング社を応援する事ができます。

3.7.4. IPO投資は非常に人気があってハイリターンを期待できるが、今回GCに出資することで、IPO投資よりも高いリターンを得られる。

3.7.5. 上場に必要な環境を整えてもらっているクラウド・マーケティング社は極めて上場に近い会社である

3.7.6. 本日も、最後まで動画を見てくださり、ありがとうございました。

4. 1話 コンセプトと全体像の提示 どんなチャンスが待っているのか

4.1. コンセプト紹介

4.1.1. 一世を風靡した”あの有名な経営者”がこぞって出資を即決した 成功不可避の最新の物販ビジネスが始まりました! 日本で販売していない商品のみ扱う、

4.1.1.1. 日本でライバルがいない商品のみ扱う

4.1.1.2. 『売れるのを確認してから』仕入れるズルい商品選定

4.1.1.3. 無在庫で仕入れが可能

4.1.1.4. あるシステムを使って『お金をもらってから』仕入れが可能

4.2. レッドオーシャン化、薄利多売、在庫リスクあり、 もうこんなビジネス止めませんか? クラウドファンディングを用いた 在庫リスクなし、ライバル不在の 最新物販ビジネスがついに公開! 海外でバカ売れしている商品を仕入れるだけ! 高収益の貿易ビジネスでたった2年、 5倍、10倍にあなたの収入、資産を増やしませんか? 一世を風靡した『あの有名な経営者』が即出資を決意した 最新の輸入物販ビジネスにあなたも参入可能になりました。

4.3. 【7つのコンセプト軸】  ①悩みの訴求  ②新しさ(今までにない、真逆)  ③より短い時間  ④より単純な行動(〜だけ)  ⑤より近い未来  ⑥次の直近の得たい未来  ⑦この情報じゃないといけない理由

4.4. 自己紹介

4.4.1. 質問する:GreenCapital代表松崎みどり、ご紹介いたしますクラウドマーケティング増井みつはる社長

4.4.1.1. アメリカのLDSビジネスカレッジ出身

4.4.1.2. 英語が堪能で海外での営業経験が豊富

4.4.1.3. マネーの虎復刻版「令和の虎」で有名社長たちが即決で出資した

4.4.1.4. ウェブマーケティングとクラファン物販であり得ないほどの高粗利を可能にした

4.5. 全体像

4.5.1. 1 第1話では今回の最新物販ビジネス クラウドファンディングと「あるビジネス」を   掛け合わせると無在庫で高粗利が可能な全く新しい物販ビジネスの概要について

4.5.2. 2 第2話ではなぜ限りなくローリスクでの物販ビジネスが可能なのか   最新の物販ビジネスの詳細を増井社長に解説していただきたいと思います

4.5.3. 3 クラウドマーケティング社の上場可能性

4.6. 全く新しい物販ビジネスとは

4.6.1. 一言でいうとどんなビジネス?

4.6.1.1. クラウドファンディング×総代理権輸入ビジネス クラウドファンディングでお金をもらってから仕入れ可能 総代理権輸入ビジネスで日本にライバル不在+○○(MOQなし)の商品で無在庫を実現

4.6.2. 従来の物販ビジネスの課題

4.6.2.1. 「もし売れなかったらどうしよう」という在庫を抱えるリスクがある

4.6.2.2. 安く仕入れる⇒高く売るというシンプルで参入障壁が低いためレッドオーシャン化、ライバルが非常に多い

4.6.2.3. 薄利多売、労力のわりに儲からない・・・

4.6.2.4. 質問:通常の物販ビジネスだとどのくらいの利益がでるのでしょうか?

4.6.2.5. プラットフォーム依存(Amazonでアカウントが停止など)

4.6.2.6. 店舗型の物販ビジネスでは・・・メルカリやヤフーオークションなどのCtoCビジネスが主に

4.6.3. クラファン×総代理権輸入ビジネスの特徴

4.6.3.1. 倉庫とかAmazon頼みは全く必要なし

4.6.3.2. MOQなしの商品を扱う

4.6.3.3. いずれも利益率は25~35%の高水準あり、資金を受け取ってから必要な分だけ仕入れて販売した=全くのローリスクのビジネスであることを強調

4.7. 質問:増井社長の実績

4.7.1. トロピックフィール⇒トラベルシューズ

4.7.1.1. 仕入にかかったお金は○○円なので利益率○○%ですね。

4.7.1.1.1. 海外クラウドファンディングで3億円を資金調達された商品

4.7.2. バウンダリーサプライ⇒多機能バックパック

4.7.2.1. 仕入にかかったお金は○○円なので利益率○○%ですね。

4.7.2.2. 日本のクラウドファンディングで1242万円の支援金を調達=売上

4.7.2.2.1. 海外クラウドファンディングで1.5億円を資金調達された商品

4.7.3. トロピックフィール⇒トラベルシューズ

4.7.3.1. 海外クラファンで4億円の資金調達された商品

4.7.3.2. 日本のクラファンで1216万円売上

4.7.3.3. 利益率○○%!!!えー!!

4.7.4. まだまだ商品はたくさんありますが挙げきれません

4.8. 投資家の声

4.8.1. 年商100億円規模のある社長(後程、動画で紹介します)「絶対イイ!デカい商売になる」と言って出資を即決

4.8.2. グループ年商100億円の社長(後程、動画で紹介します)「購入確定してから仕入れるなんて絶対儲かるじゃないですか!?」

4.8.3. 9社のビジネスオーナー女性社長からも「将来有望なのでぜひ出資させてください」

4.9. まとめ

4.9.1. 次回はなんで増井社長が物販ビジネスですごい成果を出されているのか詳しいお話を聞いてもよろしいでしょうか?

4.10. 次回予告

4.10.1. ということで、クラウドファンディングを利用した最新の物販ビジネスの詳細を公開したいと思いますので第2話も楽しみにしていてください

4.10.2. お金をもらってから仕入れる

4.10.2.1. 家電量販店で早朝に並ぶ必要なし=日本でライバル不在

4.10.2.2. 日本のクラウドファンディングで募集したところ1846万円の支援金を調達=売上

4.11. 説明会にあっせんする動画を挿入

4.11.1. 1最後まで動画をご覧いただきありがとうございます。

4.11.2. 3積極的にご質問やコメントいただけると嬉しいです

4.11.3. セミナーでは動画で話していないクラウドファンディング、総代理権輸入ビジネスの詳細と この将来性のあるビジネスへの出資について聞くことができます。

4.11.4. 4皆様にセミナーでお会いできること楽しみにしております

4.11.5. 新しい貿易ビジネスが始まります:GreenCapital