フィードバック12月

登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
フィードバック12月 により Mind Map: フィードバック12月

1. CTI 商用工事 手順漏れ

1.1. チケット番号

1.1.1. #584 【UCSP改修チケット】UCSP設定ツールにより優先度差分が発生する

1.2. 問題概要

1.2.1. 高度CC拠点でのUCSPバージョンアップ

1.2.1.1. 必要な作業が手順書から漏れていた

1.2.1.1.1. 当日の作業忘れではなく、手順書への記載漏れ

1.2.1.1.2. DBのデータ型を直接変更する作業

1.2.1.1.3. NCOM様を含めてレビュー会は実施

1.3. 簡単なフィードバック

1.3.1. ファイル差し替えだけでバージョンアップできると考えていた

1.3.1.1. ファイル差し替えのみの手順が多い

1.3.1.2. 改修内容と手順が対応していなかった

1.3.1.2.1. 改修対象のチケットが多かった

1.3.1.2.2. 手順書を使いまわす形で作成しているため

1.3.2. 対策

1.3.2.1. チケットと手順書内の改修方法を結びつける対応表を作成

1.3.2.1.1. レビューで漏れを発見できるようにする

1.4. 議事

1.4.1. なぜなぜ分析

1.4.1.1. ファイル差し替えだけでバージョンアップできると考えていた

1.4.1.2. 拠点ごとにUCSPのバージョンが異なっている

1.4.1.2.1. 拠点ごとの個別対処もある

1.4.1.3. 2~3か月に1回程度はバグ修正ファイルが出てくる

1.4.1.3.1. 緊急ではなくまとめて改修工事を実施する

1.4.1.4. 過去と同様の事象が発生した

1.4.1.4.1. 過去事象を共有する機会を作らないといけない

1.4.2. 以前

1.4.2.1. 同様の問題が発生

1.4.2.1.1. 手順書を思い込みで作成してしまった

1.4.2.2. 対策

1.4.2.2.1. 第三者にリハーサルをしてもらう

2. TX チケット対応遅れ

2.1. チケット番号

2.1.1. #1277 PCMファイルサイズの異常について

2.2. 問題概要

2.2.1. チケット対応が約2か月間進展しなかった

2.2.1.1. TX検証環境での事象

2.2.2. 同様の事象が商用環境で発生し、緊急度が上がった

2.2.2.1. Millennium1Solutions社環境

2.2.2.2. 別チケット

2.3. 簡単なフィードバック

2.3.1. 開発本部および上長との連携不足

2.3.1.1. 製品担当者が対応できない状態が継続

2.3.1.1.1. 製品担当者とのみやりとり

2.3.1.1.2. エスカレーションをしなかった

2.3.2. 顧客側とNxG側で温度感に差があった

2.3.2.1. 保守定例など、直接対話をする場面がなかった

2.4. 議事

2.4.1. なぜなぜ分析

2.4.1.1. チケット管理がちゃんとできていなかった

2.4.1.1.1. 進捗管理を全くしていなかった

2.4.1.2. 開発本部および上長との連携不足

2.4.1.2.1. 開発側の対応が遅れた

2.4.1.2.2. 他部署の状況について理解していなかった

2.4.1.3. 顧客側とNxG側で温度感に差があった

2.4.1.3.1. 保守側でも動きが全くなかった

2.4.1.4. 再現試験が未実施のまま

2.4.1.4.1. 試験環境があることを知らなかった

2.4.1.4.2. 契約の関係で実施可能かどうかを知らなかった

3. オプテージ 転送設定変更不可

3.1. チケット番号

3.1.1. #1103 法人電話 転送設定変更不可発生(#1076派生)

3.2. 問題概要

3.2.1. 約束した回答期日に回答をしなかった

3.2.1.1. 期日の1か月後に回答

3.2.2. 回答内容が質問とあっていなかった

3.2.2.1. 質問

3.2.2.1.1. 冗長機能の要求仕様

3.2.2.2. 回答

3.2.2.2.1. 別のこと

3.3. 簡単なフィードバック

3.3.1. 優先順位を落としていた

3.3.2. 回答が遅れる連絡をしていなかった

3.3.3. 配慮を欠いた回答

3.3.4. 質問の意図を理解していなかった

3.4. 議事

3.4.1. なぜなぜ分析

3.4.1.1. 約束した回答期日に回答をしなかった

3.4.1.1.1. 優先順位を落としていた

3.4.1.1.2. 回答が遅れる連絡をしていなかった

3.4.1.2. 回答内容が質問とあっていなかった

3.4.1.2.1. 配慮を欠いた回答

3.4.1.2.2. 質問の意図を理解していなかった