登録は簡単!. 無料です
または 登録 あなたのEメールアドレスで登録
課題 により Mind Map: 課題

1. ISO 42500 原則

1.1. この7つのPrincipleから何があり得るかを考えるのも1つ

1.1.1. アクセシビリティ・インクルージョン

1.1.1.1. 人間工学等も関連するか

1.1.1.1.1. 例)高齢者への支援

1.1.2. 個別の原則の掘り下げ

1.2. シェアシティ

2. 6つの矢印

2.1. 正しい競争がおきるための環境づくり

2.1.1. 他提供者の阻害など

2.1.2. プロバイダの正当な競争でないことが起きているかもしれない

2.1.3. 提供者⇒提供者・ ユーザ ⇒ 提供者

2.1.3.1. Terms of Use

2.1.3.1.1. ユーザーに介入きかせる

2.1.4. ランキングの正当性(アルゴリズムの透明性)

3. ISO/TS 42501

3.1. 個別イシューの掘り下げ

4. C to C のみならず

4.1. C to CにScopeであるが,そうであるがためにシェアエコから外れてしまう、含めることができないか

4.2. 課題:sustinableのようでsustinableでない(Bike shareの例)

4.2.1. 投資判断でも関わってくるのでないか

5. Sustainabilityの観点

5.1. そもそも発端は所有から”遊休資産”を活用という点

5.2. 42500を含ませるか,別規格をつくるか

5.3. Social responcibilityにフォーカスしたものがあってもよい

5.3.1. 自治体のプロキュアメント基準の1つになってもよい

5.3.1.1. パブリックセクターに向けた

5.4. 事業継続性と環境

5.4.1. パブリックセクターにとって、事業継続性は短期的に重要

5.4.1.1. 自治体のプロキュアであっても国を超えて入ってこれる

5.4.1.2. シェアエコがいち早く、自治体の調達に入っていけることが重要

5.4.1.2.1. 日本のみならず海外にも進出できるのでは

5.4.2. パブリックセクターをシェリングエコノミーを採用するときの判断基準が必要でないか

5.4.2.1. Cと契約するときの難しさ

5.4.2.2. 普通の企業で調達基準にはまるという点と公共団体の調達基準では異なる

5.4.2.3. シェアサミットの団体にニーズを聞いてみるというのも1つ

5.4.2.3.1. 小出さん、自治体(地方)と意見交換【ACTION】

5.4.2.3.2. 川上村,奈良県 ,神戸市 永井課長など

5.4.2.4. 現在のビジネスモデル

5.4.2.4.1. 自治体とシェア事業者・サービスが提携

5.4.2.5. プロバイダの道を切り開くというのも1つ

5.4.2.5.1. パブセクタ ⇒  提供者(NOT 事業者)